[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

日本2度の衝撃番狂わせ、欧州メディアが次戦クロアチアに警鐘 「日本を見くびるな」

サッカーのカタール・ワールドカップ(W杯)は1日(日本時間2日)、E組の日本がスペインに2-1の逆転勝利を収め、同組首位で決勝トーナメント(T)進出を決めた。5日(同6日)の決勝T1回戦はクロアチアと対戦。前回準優勝国に対し、欧州メディアが「クロアチアよ、気をつけろ」などと警鐘を鳴らしている。

同組首位で決勝トーナメント進出を決めた日本代表【写真:ロイター】
同組首位で決勝トーナメント進出を決めた日本代表【写真:ロイター】

カタールW杯

 サッカーのカタール・ワールドカップ(W杯)は1日(日本時間2日)、E組の日本がスペインに2-1の逆転勝利を収め、同組首位で決勝トーナメント(T)進出を決めた。5日(同6日)の決勝T1回戦はクロアチアと対戦。前回準優勝国に対し、欧州メディアが「クロアチアよ、気をつけろ」などと警鐘を鳴らしている。

【特集】初代金メダリストが次世代に繋ぐサポートの輪「夢を持ってくれたら」 / スケートボード・堀米雄斗選手インタビュー(GROWINGへ)

 FIFAランク24位の日本はグループリーグで同11位ドイツ、同7位スペインのW杯優勝経験国を撃破。下馬評を覆し、衝撃の番狂わせで世界を驚かせた。クロアチアは同12位。世界的MFモドリッチを擁し、前回大会は準優勝を果たした。そんな中、英公共放送「BBC」は「ベスト16の中で日本を見くびることができない理由」との見出しで記事を掲載。こう伝えた。

「今回のW杯の中で学んだ様々な予期せぬ教訓の中で、最大のものはおそらく日本が危険な存在だということだろう」「彼らの次の対戦国であるクロアチアよ、気をつけろ。なぜなら、ブルー・サムライはカタールのカムバックキング(逆転の王)として頭角を現しており、彼らの見事な控え選手はすでに2つの巨大な犠牲者を生み出しているからだ」

 記事によると、イングランド女子のGKカレン・バーズリー氏はBBCラジオ「5 Live」にて「全て日本を称賛すべきことです。彼らは本当に素晴らしかった」と称えたという。さらに「統制がとれていること、構造化されていること、ゲームプランを理解し、それを可能な限りしっかりと遂行すること、素晴らしいことがたくさんありました」と振り返っている。

 記事では、「前半終了時点でリードを許した状態から逆転勝ち」を同一大会で2度起こしたのは、W杯史上3度目だと紹介。過去には1938年のブラジル、1970年の西ドイツだった。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集