[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

渋野日向子、今季最終戦66締めも今年は「悔」の1年と吐露「今は自信を失っている状態」

女子ゴルフの今季国内ツアー最終戦・JLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ最終日(6487ヤード、パー72)が27日、宮崎CCで行われた。23位で出た渋野日向子(サントリー)は、7バーディー、1ボギーの66で回って通算7アンダーとして、ラウンド(R)終了時で暫定10位。シーズンの最後に好プレーを見せたが、最終18番パー4をボギーにしたことも踏まえ、「もったいない1年」と表現した。

リコーカップ、最終ラウンドに出場した渋野日向子【写真:Getty Images】
リコーカップ、最終ラウンドに出場した渋野日向子【写真:Getty Images】

JLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ最終日

 女子ゴルフの今季国内ツアー最終戦・JLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ最終日(6487ヤード、パー72)が27日、宮崎CCで行われた。23位で出た渋野日向子(サントリー)は、7バーディー、1ボギーの66で回って通算7アンダーとして、ラウンド(R)終了時で暫定10位。シーズンの最後に好プレーを見せたが、最終18番パー4をボギーにしたことも踏まえ、「もったいない1年」と表現した。

 最終18番パー4。渋野は2メートルのパーパットを右に外した。表情を変えずにボギーパットを打ったが、悔しさでいっぱいだった。

「あれで全部が飛びました。イライラしかありません」

 4番パー4を皮切りに7バーディーを奪った。ギャラリーを沸かせ、本人の笑顔も弾けた。ただ、本人は「自信を持って良くなったとは言えず、運が良かったかなと思います」と振り返った。

 今季は米ツアーで23試合に出場し、トップ10入り5度、予選落ち9度、棄権1度。海外メジャーで2度のトップ5入りもあったが、後半は思うような成績を出せず、計4試合出場の国内ツアーでは優勝争いに加われなかった。その悔しさも込め、ラウンド後は色紙に「悔」の1文字を書いてテレビカメラに立った。

「前半が良かった分、後半の失速でだんだんと気持ちが下がりましたし、もったいない1年、悔しい1年です。今は自信を失っている状態です」

 オフは国内、海外で練習を重ね、主にショットの精度を高めることに努めるという。真価を問われる米ツアー2年目に向け、渋野は前進をはかる。

(THE ANSWER編集部・柳田 通斉 / Michinari Yanagida)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集