[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

宇野昌磨Vをカナダ名手絶賛 ジャッジ1人の採点「7.75」には疑問「どうなんでしょう」

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第5戦NHK杯・男子シングルでは宇野昌磨(トヨタ自動車)が合計279.76点で優勝した。美しいスケーティングをカナダの名手も「比類のないスケートスタイル」と称賛。さらに、ジャッジの1人が他より低い点数をつけた項目があることに「どうしちゃったんでしょうか」と疑問を呈している。

NHK杯男子シングルで逆転優勝した宇野昌磨【写真:ロイター】
NHK杯男子シングルで逆転優勝した宇野昌磨【写真:ロイター】

NHK杯で宇野は逆転優勝

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第5戦NHK杯・男子シングルでは宇野昌磨(トヨタ自動車)が合計279.76点で優勝した。美しいスケーティングをカナダの名手も「比類のないスケートスタイル」と称賛。さらに、ジャッジの1人が他より低い点数をつけた項目があることに「どうしちゃったんでしょうか」と疑問を呈している。

 ショートプログラム2位だった宇野は、フリーで5本中4本の4回転ジャンプを決めて逆転優勝。後輩の山本草太と日本勢ワンツーフィニッシュとなった。カナダの公共放送「CBC」の公式YouTubeの番組でホストを務める元アイスダンス選手アッシャー・ヒル氏は、番組内で「驚きはない。ウノがまたやり遂げた。今回は22点差での優勝だった」と称賛した。

 演技内容については「4回転フリップが2回転になったものの、他の4本の4回転と2本の3回転アクセルを楽々と着氷。それとともに、比類のないスケートスタイルと、コレオとステップシークエンスに反映された繊細さが金メダルをもたらした」と洗練された滑りを表現した。

 また、ヒル氏はジャッジの「プレゼンテーション」の採点に注目。9人中9点台が7人、1人が8.75と高得点が並んだが、ジャッジ1のみ「7.75」と他より低い点数だった。ヒル氏は「(ジャッジ1は)どうしちゃったんでしょうか。7.75は彼のレベルの選手にとっては極めて低い。最低得点は平均得点から排除されるため、影響はなかった。それでも……どうなんでしょう」と語っていた。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
FitStats
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集