[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

元賞金女王・鈴木愛が復活V王手 36歳藤田と一騎打ち「必死にかじりついていました」

女子ゴルフの国内ツアー・大王製紙エリエールレディスは19日、愛媛・エリエールGC松山(6575ヤード、パー71)で第3日が行われ、2017、19年賞金女王の28歳・鈴木愛(セールスフォース)が通算18アンダーで単独首位をキープした。7バーディー、ボギーなしの64で回り、昨年7月以来1年4か月ぶりのツアー通算18勝目に王手。1打差の2位は藤田さいき(チェリーゴルフ)、3位の岩井明愛(Honda)らには6打差があり、藤田との一騎打ちとなりそうだ。

大王製紙エリエールレディス、第3日をプレーする鈴木愛【写真:Getty Images】
大王製紙エリエールレディス、第3日をプレーする鈴木愛【写真:Getty Images】

大王製紙エリエールレディス第3日

 女子ゴルフの国内ツアー・大王製紙エリエールレディスは19日、愛媛・エリエールGC松山(6575ヤード、パー71)で第3日が行われ、2017、19年賞金女王の28歳・鈴木愛(セールスフォース)が通算18アンダーで単独首位をキープした。7バーディー、ボギーなしの64で回り、昨年7月以来1年4か月ぶりのツアー通算18勝目に王手。1打差の2位は藤田さいき(チェリーゴルフ)、3位の岩井明愛(Honda)らには6打差があり、藤田との一騎打ちとなりそうだ。

 復活に向けて最高の位置につけた。鈴木は3つ伸ばして迎えた後半11番パー5。残り34ヤードの第3打を2メートルに寄せてバーディーを奪った。155ヤードの12番パーも70センチにつけてバーディー。13番は残り18ヤードからチップインバーディーを奪ってみせた。

「初日からいくつで回るか決めていなかった。淡々と回ったら7アンダー。最初はちょっと緊張しましたが、いいプレーができた」

 今季は29試合で予選落ちは6度しかないが、トップ10は5度に留まるなどなかなか優勝争いに加われていない。福井良太キャディーと月曜に食事に行った際、「愛ちゃんは結果にこだわりすぎている」と言われた。今週は「優勝を狙わないでいこう」と切り替えてラウンド。「その中で最低目標を達成すること。頑張った結果優勝できたら。優勝にこだわらずリコー(次週の最終戦)にいけるような結果になれば」と心がけた。

 ラウンド中も「キャディーさんがめっちゃいいところ探してくれます」と笑顔。ピンをオーバーしても、「オーバーしてもいいねん、いいねん、いいショットしてるんやから」と声を掛けられ、安心できた。同組の藤田も同じ64。バーディー合戦の中、36歳のベテランに感謝した。

「(藤田のスコアも)やばかった。凄かったですね。プレースピードもいいし、スコアも置いていかれそうになったので、必死にさいきさんにかじりついていました。スコアを気にせず自分も、自分もとついていって7アンダー。めっちゃ喋りかけてくれるし、面白いことも言ってくれる。ナイス!って言ってくれるんですよ。私は甘えるのが好きなので、年上の方とのほうが楽しめる」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
FitStats
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集