[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

F1角田裕毅らが移籍の同僚へ送った“粋な挨拶”を海外称賛「感謝の印を身にまとう」

自動車レース・F1の今季最終戦アブダビGPが18日に開幕し、角田裕毅(アルファタウリ)らの“粋な気遣い”が脚光を浴びた。F1公式が画像を公開。2023年にアルピーヌへ移籍する同僚ピエール・ガスリーに向けたチームの行動に対し、海外ファンから「離婚した夫婦の子どもの気分」「ユウキ、これは素敵だ」と称賛された。

角田裕毅らが移籍する同僚に向けた行動に海外脚光【写真:ロイター】
角田裕毅らが移籍する同僚に向けた行動に海外脚光【写真:ロイター】

F1角田裕毅のマシンに注目

 自動車レース・F1の今季最終戦アブダビGPが18日に開幕し、角田裕毅(アルファタウリ)らの“粋な気遣い”が脚光を浴びた。F1公式が画像を公開。2023年にアルピーヌへ移籍する同僚ピエール・ガスリーに向けたチームの行動に対し、海外ファンから「離婚した夫婦の子どもの気分」「ユウキ、これは素敵だ」と称賛された。

 角田らが感謝を込めた。コースを走るアルファタウリのマシン。角田が乗っているようだが、頭の前方には何やら文字が書かれている。拡大されたものには、イタリア語で「GRAZIE PIERRE(ありがとう ピエール)」と記載。本拠地の言語で“粋な挨拶”を送っていた。

 画像を公開したF1公式インスタグラムは、文面に「ユウキの粋な計らい」と記して投稿し、こう説明した。

「ユウキ・ツノダのアルファタウリの車が、彼のバディであり、チームメートであるピエール・ガスリーへの感謝の印を身にまとっている。来季アルピーヌに移籍するフランス人のガスリーは、イタリア拠点のチームでの最終戦に突入する」

 海外ファンからは「今週はずっと感情がジェットコースターのよう」「ユウキ、これは素敵だ」「また泣いている……間違いなく涙の週末だ」「ミスター・ワールドワイド」「やめて、これは耐えられない。離婚した夫婦の子どもの気分」「彼らは離れ離れになるべきじゃなかった」と別れを惜しむ声が上がった。

 この日はフリー走行2回を行い、角田は15番手、ガスリーは19番手だった。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集