[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

紀平梨花、本調子じゃなくても海外メディア虜 3季ぶりGP演技「鳥肌立つ。なんて才能」

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第2戦スケートカナダで、3シーズンぶりのGPシリーズ復帰を果たした紀平梨花(トヨタ自動車)。フリー(FS)で3位に入るなど、合計184.33点の総合5位で大会を終えた20歳の演技を海外メディアが振り返り。本調子ではないものの、「鳥肌が立つ。なんという驚くべき才能だろう」などと評されていた。

スケートカナダで、3シーズンぶりのGPシリーズ復帰を果たした紀平梨花【写真:ロイター】
スケートカナダで、3シーズンぶりのGPシリーズ復帰を果たした紀平梨花【写真:ロイター】

スケートカナダは総合5位、FSでは3位に

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第2戦スケートカナダで、3シーズンぶりのGPシリーズ復帰を果たした紀平梨花(トヨタ自動車)。フリー(FS)で3位に入るなど、合計184.33点の総合5位で大会を終えた20歳の演技を海外メディアが振り返り。本調子ではないものの、「鳥肌が立つ。なんという驚くべき才能だろう」などと評されていた。

 右足首の疲労骨折から復活を目指す紀平。ショートプログラム(SP)で6位になると、FSでは「タイタニック」の音楽に乗り、冒頭の3回転サルコウ―2回転トウループのコンビネーションジャンプを着氷。その後も全てのジャンプを成功させ、125.06点でFSでは3位に入った。まだ万全の状態ではないが、海外メディアからは称賛も寄せられた。

 海外フィギュアスケート専門メディア「インサイド・スケーティング」公式インスタグラムは、紀平がFSで滑る写真とともに「リカ・キヒラを見ると鳥肌が立つ。なんという驚くべき才能だろう」と絶賛。「彼女のスケートは会場を明るくさせられるが、スケートカナダでもそれをやった。ブライアン・オーサーがスタート前に『心からのスケートを』と言っていたが、いやぁ、彼女はまさにそれを実現させた」と虜になった様子だ。

 紀平は昨シーズンからブライアン・オーサーコーチに師事。オーサー氏は羽生結弦をはじめ、数々の名スケーターを育てたフィギュア界の名伯楽で、SP演技後には、紀平に送られたプレゼントを抱きかかえて歩く、献身的な姿も注目を集めていた。紀平は、25日に開幕するGPシリーズ第6戦エスポー杯への出場も予定している。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
FitStats
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集