[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

宇野昌磨の顔に「タイムラインが浄化される」 V舞台裏の恩師2ショットが国内外で反響

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第2戦スケートカナダの男子フリーで優勝した宇野昌磨(トヨタ自動車)。海外メディアはコーチのステファン・ランビエール氏との2ショット写真を掲載し、国内外のファンを「タイムラインが浄化される」「ステファンの腰の位置がヤバい」と魅了している。

スケートカナダの男子フリーで優勝した宇野昌磨【写真:ロイター】
スケートカナダの男子フリーで優勝した宇野昌磨【写真:ロイター】

海外メディアがランビエール氏との様子を紹介

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第2戦スケートカナダの男子フリーで優勝した宇野昌磨(トヨタ自動車)。海外メディアはコーチのステファン・ランビエール氏との2ショット写真を掲載し、国内外のファンを「タイムラインが浄化される」「ステファンの腰の位置がヤバい」と魅了している。

 新シーズンGP初戦、師弟で掴んだ通算7勝目だった。

 宇野はショートプログラム(SP)2位から男子フリーで、SP首位だった三浦佳生を逆転。4回転ジャンプを4種類5本を組み込む高難度構成で183.17点、合計273.15点を記録し、表彰台の真ん中に立った。そんな様子を温かく見守っていたのが、恩師のランビエール氏だ。

 海外フィギュアスケート専門メディア「ゴールデンスケート」公式ツイッターは1枚の写真をアップした。

「再び、ショウマ・ウノのスケート・カナダ優勝を祝福! 今日はコーチのステファン・ランビエールとお祝い」

 こう記された投稿に掲載された写真では、日本のジャージを着た宇野があまり見られない満面の笑みを浮かべ、そんな教え子をランビエール氏がハグしたもの。顔を寄せ合ってカメラ目線で、なんとも微笑ましい様子が伝わってくる。

 これには日本人を含め、国内外のファンが反応した。

「この写真は癒される」
「なんで彼らはこんなに可愛いの?」
「よく分からないけど涙出てきた」
「タイムラインが浄化される」
「ステファンコーチといると本当に嬉しそうで自然な笑顔なんだよね~昌磨さん」
「なんて幸せな一枚」
「尊すぎて朝から昇天した」
「萌える」
「ステファンの腰の位置がヤバい」

 ランビエール氏もかつては自身もスケーターとして活躍し、人気、実力ともに誇った名手。コーチとなり、多くの教え子を抱える立場に。そんな中でも世界王者との宇野との絆は、多くのファンの心を鷲掴みにしている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集