[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

宇野昌磨、師匠ランビエール氏が振り返った昨季 世界王者君臨は「幸せな瞬間だった」

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第2戦、スケートカナダは28日(日本時間29日)にカナダ・オンタリオ州ミシサガで開幕する。男子シングルに日本勢は昨季世界王者の宇野昌磨(トヨタ自動車)、三浦佳生(オリエンタルバイオ・目黒日大高)が出場。宇野のコーチを務めるステファン・ランビエール氏はルーマニアのスケート専門メディアの取材に応じ、昨季の宇野の活躍について「幸せな瞬間だった」と回顧した。

3月の世界選手権で金メダルを獲得した宇野昌磨【写真:Getty Images】
3月の世界選手権で金メダルを獲得した宇野昌磨【写真:Getty Images】

フィギュアスケートGPシリーズ第2戦・スケートカナダが28日開幕

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第2戦、スケートカナダは28日(日本時間29日)にカナダ・オンタリオ州ミシサガで開幕する。男子シングルに日本勢は昨季世界王者の宇野昌磨(トヨタ自動車)、三浦佳生(オリエンタルバイオ・目黒日大高)が出場。宇野のコーチを務めるステファン・ランビエール氏はルーマニアのスケート専門メディアの取材に応じ、昨季の宇野の活躍について「幸せな瞬間だった」と回顧した。

 昨季の宇野は2月の北京五輪男子シングルで銅メダルを獲得し、3月の世界選手権(フランス・モンペリエ)ではショートプログラム(SP)、フリーともに自己ベストを叩き出して悲願の金メダルを獲得。2017年の羽生結弦以来5年ぶり3人目となる世界王者となった。試行錯誤、紆余曲折の末につかんだ栄光は、2019-20年シーズン途中から本格的指導に当たったランビエール氏にとっても感動的なものだったようだ。

 ルーマニアのフロレンティナ・トーン記者が展開するスケート専門メディア「インサイド・スケーティング」は、9月のチャレンジャーズシリーズ・ロンバルデイア杯が行われたイタリア・ベルガモで行ったランビエール氏のインタビュー記事を公開。その中でトーン記者から「ショウマの昨季を振り返って、最初に思い出すのはどの場面?」と聞かれたランビエール氏はこう答えている。

「たぶん、モンペリエでのショウマのフリーかな。いくつかミスもあったけど、私は彼の喜びと自由さを感じました。何と説明すればいいかわからないのだけれど、私にとって、それは幸せな瞬間だったのです」

 トーン記者は「フリーの最後に2人が腕を上げたのを覚えています。もちろん振り付けの最後のポーズだったわけですが、勝利のポーズでもありました」と同調。するとランビエール氏は「その通り!」と答えたうえで、こう続けている。

「昨シーズンのショウマの世界選手権とデニス(ヴァシリエフス)の欧州選手権のフリーのパフォーマンスには、とても幸せでした! 2人にとても感銘を受けましたよ! 非常に努力し、厳しい練習を積み重ねていました。トレーニングで準備してきたことをプレッシャーのかかる中で実行するのは簡単ではありません。2人とも自信をもって臨んでいました」

 その上で「コーチとしては、何が起きるか分かりません。彼らが氷上に立てば我々は何もできませんからね……。だから、その2つが私にとっての昨季のハイライトでした」と語っている。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集