[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

村元哉中&高橋大輔、カメラ目線の斬新なRD開始時が話題「何かの間違いかと思った」

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第1戦スケートアメリカが23日(日本時間24日)、米マサチューセッツ州ノーウッドで行われ、アイスダンスのフリーではリズムダンス(RD)5位の村元哉中、高橋大輔組(関大KFSC)が100.01点を記録。合計169.68点で6位になった。21日(日本時間22日)のRDでは斬新な演技開始時にも注目が集まり、日本のファンからは「何かの間違いかと思いました」などと反響が集まっていた。

スケートアメリカ、アイスダンスの村元哉中、高橋大輔組【写真:ロイター】
スケートアメリカ、アイスダンスの村元哉中、高橋大輔組【写真:ロイター】

スケートアメリカのRD

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第1戦スケートアメリカが23日(日本時間24日)、米マサチューセッツ州ノーウッドで行われ、アイスダンスのフリーではリズムダンス(RD)5位の村元哉中、高橋大輔組(関大KFSC)が100.01点を記録。合計169.68点で6位になった。21日(日本時間22日)のRDでは斬新な演技開始時にも注目が集まり、日本のファンからは「何かの間違いかと思いました」などと反響が集まっていた。

 ラテンをテーマとした新プログラムの開始時。黒地にゴールドのデザインが施された新衣装で、2人はリンク中央ではなく、リンク端に立っていた。村元は目の前に置かれたカメラの方に目線を向け、同じ方を向いた高橋は少し笑ったような表情。大写しになった2人は曲が始まってもしばらく動かなかったが、タイミングを合わせて演技を始めた。

 珍しい演技開始時の演出に、ツイッター上の日本人ファンも注目。「このカメラ目線から演技が始まるの、何かの間違いかと思いました」「最初の30秒が好きすぎて」「音楽スタートするまでの5秒がカッコよくて何回も見ちゃう」「始まりの瞬間からかなだいに釘付け」「最初のカメラ目線からいいねを押したい」「哉中ちゃんのカメラ目線ヤバ」などとコメントが集まっていた。

 フリーでは「オペラ座の怪人」を演技して観客を魅了。優勝したのは合計202.80点を記録したマディソン・チョック、エバン・べーツ組(米国)だった。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集