[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ロドリゲス完勝で井上尚弥の強さ浮き彫りに 海外記者「彼を簡単に倒したのが物語る」

ボクシングの前IBF世界バンタム級王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)が15日(日本時間16日)、米ニューヨーク州ブルックリンのバークレイズ・センターで行われた同級12回戦でゲーリー・アントニオ・ラッセル(米国)に3-0の10回負傷判定勝ちを収めた。世界王座返り咲きに前進。海外メディアは8回に奪ったダウン動画を公開した中、海外記者は「イノウエ戦はかなり昔だと感じる」と成長を称賛した。

エマヌエル・ロドリゲス(右)はゲーリー・アントニオ・ラッセルに10回負傷判定勝ちを収めた【写真:Getty Images】
エマヌエル・ロドリゲス(右)はゲーリー・アントニオ・ラッセルに10回負傷判定勝ちを収めた【写真:Getty Images】

ロドリゲスが世界王座返り咲きに前進

 ボクシングの前IBF世界バンタム級王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)が15日(日本時間16日)、米ニューヨーク州ブルックリンのバークレイズ・センターで行われた同級12回戦でゲーリー・アントニオ・ラッセル(米国)に3-0の10回負傷判定勝ちを収めた。世界王座返り咲きに前進。海外メディアは8回に奪ったダウン動画を公開した中、海外記者は「イノウエ戦はかなり昔だと感じる」と成長を称賛した。

 高等技術は健在だった。8回終了間際。終始優勢に進めてきたロドリゲスは、相手との距離が詰まった瞬間に高速カウンターを炸裂させた。右を顔面にズドン。相手を後ろにぶっ飛ばし、華麗なダウンで会場を熱狂させた。10回の負傷により、試合続行不可能となったが、判定で大きく上回る完勝だった。

 米メディアはダウンシーンの動画をSNSに公開。米専門誌「リング」のマイケル・モンテロ記者は「数年前にナオヤ・イノウエがロドリゲスを2回で倒した試合はかなり昔のことに感じる」とツイッターにつづった。ロドリゲスは2019年5月に井上尚弥(大橋)に2回TKO負け。現在世界バンタム級の3団体統一王者に君臨するモンスターに完敗したが、当時がはるか前に思えるほど成長を感じとったようだ。

 さらに米放送局「FOX」のマーク・オルテガ記者も「イノウエがどれほど強い選手であるかは周知の事実だ。ロドリゲスを簡単に倒したことがそれを物語っている。ロドリゲスはその後も非常に優れた選手であることを示しているのだ」とツイート。ロドリゲスの活躍により、井上の強さがより一層浮き彫りとなったことに触れた。

 ロドリゲスは井上戦から再起後、ルイス・ネリ(メキシコ)の体重超過で試合中止となるなど不運続きだった。井上は12月13日に有明アリーナでWBO王者ポール・バトラー(英国)と4団体統一戦を予定。勝ってスーパーバンタム級に転向すれば現在保持するベルトを返上する可能性があり、空位になる世界王座を狙う選手は多い。ロドリゲスもその一人だ。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
FitStats
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集