[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

20歳久常涼が13位浮上 同い年&米2勝の韓国選手から刺激「僕にも…と希望になります」

日本開催の米男子ゴルフツアー・ZOZOチャンピオンシップ第2日が14日、アコーディア習志野CC(7079ヤード、パー70)で行われた。21位で出た20歳・久常涼(SBSホールディングス)は、4バーディー、1ボギーの67で通算4アンダーとし、首位と6打差の13位に浮上した。初出場の前年大会では世界との差を見せつけられたが、正確性を武器にした「自分のゴルフ」に徹してスコアを伸ばした。

久常涼【写真:Getty Images】
久常涼【写真:Getty Images】

米男子ゴルフツアー・ZOZOチャンピオンシップ第2日

 日本開催の米男子ゴルフツアー・ZOZOチャンピオンシップ第2日が14日、アコーディア習志野CC(7079ヤード、パー70)で行われた。21位で出た20歳・久常涼(SBSホールディングス)は、4バーディー、1ボギーの67で通算4アンダーとし、首位と6打差の13位に浮上した。初出場の前年大会では世界との差を見せつけられたが、正確性を武器にした「自分のゴルフ」に徹してスコアを伸ばした。

 久常が淡々とプレーし順位を上げた。同組のブレンダン・スティールは初日首位で、アダム・シェンク(ともに米国)は同2位。ドライバーショットも豪快な2人に久常は「圧倒されていた」と振り返るが、最後方からパーオンを続けて、10番パー4、11番パー4を連続バーディー。後半も1番パー4、6番パー5でスコアを伸ばした。

「昨日はタフなラウンドでしたが、2人が良いプレーをしていて組のリズムも良かったですし、今日は自分が幸先良くバーディーが獲れたのでいい流れを掴むことができました」

 言葉通り、この日は久常が流れを作り、スティール(73)、シェンク(70)をスコアで上回った。

 久常は、今季から米女子ツアーを主戦場にする渋野日向子と同じ岡山・作陽高出身で20年にプロ転向。下部のABEMAツアーで3勝を飾り、21年からレギュラーツアーでプレーしている。大学出身選手が多いツアーで活躍できている高卒選手で、前年大会も出場。憧れの松山との練習ラウンドに緊張し、本番も通算5オーバーの52位で終えている。

 だが、1年の時を経て「フェアウェーを捉えると良いプレーができる」と確信。それを忠実に実践し「去年の経験がすごく生きていると感じました」と声を弾ませた。

 憧れの米ツアーで自分のゴルフが通じている喜びはある。もっとも、同学年のトム・キム(韓国)は、前週のシュライナーズチルドレンズオープンを制し、21歳の誕生日を迎える前に2勝を挙げるというタイガー・ウッズ以来の快挙を成し遂げた。当然、刺激は受けている。

「2勝するのはすごいことですし、『僕にもできるんじゃないかな』と希望になります。良い目標ではあるので、僕もPGAツアーに早く出たいなと思います」

 自分のゴルフを忘れず、米ツアーの雰囲気も味わいながら、久常は虎視眈々と上を目指す。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集