[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

日本女子、最強中国に0-3完敗で銀メダル 決勝で4大会連続の苦杯、51年ぶりVならず【世界卓球】

世界卓球団体戦(テレビ東京系&BSテレ東で連日放送)は8日、中国・成都で女子決勝が行われ、世界ランク2位の日本は同1位・中国と激突。0-3で敗れ、4大会連続の銀メダルとなった。51年ぶりの優勝を狙った今大会。直近3大会は全て決勝で中国に敗れていたが、またも苦杯を喫した。中国は大会5連覇となった。

世界卓球、中国戦に0-3で敗れた木原美悠、伊藤美誠、長崎美柚(左から)【写真:Getty Images、浜田洋平】
世界卓球、中国戦に0-3で敗れた木原美悠、伊藤美誠、長崎美柚(左から)【写真:Getty Images、浜田洋平】

世界卓球団体戦、女子決勝は4連覇中の中国に敗れる

 世界卓球団体戦(テレビ東京系&BSテレ東で連日放送)は8日、中国・成都で女子決勝が行われ、世界ランク2位の日本は同1位・中国と激突。0-3で敗れ、4大会連続の銀メダルとなった。51年ぶりの優勝を狙った今大会。直近3大会は全て決勝で中国に敗れていたが、またも苦杯を喫した。中国は大会5連覇となった。

 グループリーグから7戦連続ストレート勝ちの日本は木原美悠、伊藤美誠、長崎美柚の布陣。一方の世界最強・中国は世界ランク2位の陳夢、同3位の王曼昱、同1位の孫頴莎と、世界ランクトップ3の選手が揃い踏みとなった。

 第1試合、世界ランク15位の18歳・木原が東京五輪女子シングルス金メダリストの陳夢に挑んだ。第1ゲーム(G)は序盤に得点を重ねられ6-11で落とす。第2Gは見事なカウンターを決めるなど、終盤まで互角に戦うも8-11で連取を許した。第3Gは先行する展開も逆転されて8-11。格上の相手に敗れた。

 この試合前の男子準決勝を戦い、中国に敗れて銅メダルとなった張本智和ら日本男子代表のメンバーも観客席から見守る中、続く第2戦には世界ランク6位のエース伊藤が登場。王曼昱からレシーブエースでこの試合最初の得点を奪うなど出だし3連続得点。しかし逆転を許して9-11で第1Gは先取された。それでも第2Gは11-9と取り返し、第3Gも接戦に持ち込んだが10-12で奪われる。第4Gも5-11で及ばず、日本は後がなくなった。

 地元・中国の観客が沸き上がる完全アウェーの中、第3試合には20歳の世界ランク43位・長崎が登場。同1位の孫と対峙した。臆さずに得意のフォアハンドで攻めるも第1Gは7-11で落とし、その後も主導権を握れず。日本が0-3で完敗を喫した。

 伊藤とともにWエースとして期待された早田ひな、カットマン佐藤瞳を含めた5人で出場した日本。石川佳純、平野美宇が代表から外れ、平均年齢21歳の若いチームとなった。木原と長崎の“Wみゆう”の活躍も光り、グループリーグから準決勝まで全7試合をストレートで勝ち上がった。1971年の名古屋大会以来となる金メダルを狙ったが、最後は最強・中国の前に屈した。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
FitStats
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集