[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

日本、同日に男女とも中国に敗戦 卓球王国の厚い壁、男子は大善戦も「精度が課題」【世界卓球】

世界卓球団体戦(テレビ東京系&BSテレ東で連日放送)は8日、中国・成都で男子準決勝と女子決勝が行われ、日本は男女とも世界ランク1位の中国に敗れた。世界ランク3位の男子は大善戦も2-3で敗れ、1969年ミュンヘン大会以来、53年ぶりの世界一はならず。女子も世界ランク1、2、3位を揃えた相手に0-3で1971年名古屋大会以来51年ぶりの優勝を逃した。張本智和が1人で2勝を挙げるなど日本の成長を示した一方で、依然として卓球王国の厚い壁を感じさせた。

樊振東に勝利し、試合後に握手を交わす張本智和【写真:Getty Images】
樊振東に勝利し、試合後に握手を交わす張本智和【写真:Getty Images】

世界卓球団体戦、男子は準決勝で2-3&女子は決勝で0-3で敗れる

 世界卓球団体戦(テレビ東京系&BSテレ東で連日放送)は8日、中国・成都で男子準決勝と女子決勝が行われ、日本は男女とも世界ランク1位の中国に敗れた。世界ランク3位の男子は大善戦も2-3で敗れ、1969年ミュンヘン大会以来、53年ぶりの世界一はならず。女子も世界ランク1、2、3位を揃えた相手に0-3で1971年名古屋大会以来51年ぶりの優勝を逃した。張本智和が1人で2勝を挙げるなど日本の成長を示した一方で、依然として卓球王国の厚い壁を感じさせた。

 男女が同じ日に中国に夢を絶たれた。先に挑んだ男子準決勝は、張本智和が世界ランク1位・樊振東を破るなど、2勝をマーク。戸上隼輔と及川瑞基も格上の選手相手に奮闘したものの、最終試合で敗れた。9連覇中だった中国の牙城を崩せず、2大会ぶりのメダルの色は銅に。続いて登場した女子は世界ランク1、2、3位を揃えた相手に対し、エースの伊藤美誠と成長著しい18歳木原美悠、20歳長崎美柚で挑んだが、ストレートで完敗。中国に5連覇を許した。
 
 中国のホームで感じさせられた中国の厚い壁。先に試合を終えていた男子の田勢邦史監督は「惜しかった」と繰り返しながら、第3試合で及川が馬龍に敗れた試合を例に「これはみんな同じだけど、中国とやると積極的に攻めないといけない。けど、リスクを伴う」と指摘。「そこの精度を高めないといけない。積極的に行くのはいいけど、よりミスを少なく、精度を高くする。そこを高めないと。3番(及川)はその差が出た」と日本全体の課題を口にした。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
FitStats
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集