[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

日本男子、王者中国と歴史的激闘も2-3惜敗で銅メダル 張本智和は衝撃の世界1位撃破で圧巻2勝【世界卓球】

世界卓球団体戦(テレビ東京系&BSテレ東で連日放送)は8日、中国・成都で男子準決勝が行われ、世界ランク3位の日本は同1位の中国に2-3で敗れ、1969年ミュンヘン大会以来、53年ぶりの世界一はならず。3位決定戦はなく、銀メダルだった16年クアラルンプール大会以来、2大会ぶりのメダルは銅となった。勝った中国は10連覇をかけて9日の決勝で同2位のドイツと対戦する。

第2試合で王楚欽に勝利した張本智和【写真:Getty Images】
第2試合で王楚欽に勝利した張本智和【写真:Getty Images】

世界卓球団体戦、男子準決勝で9連覇中の中国に敗れる

 世界卓球団体戦(テレビ東京系&BSテレ東で連日放送)は8日、中国・成都で男子準決勝が行われ、世界ランク3位の日本は同1位の中国に2-3で敗れ、1969年ミュンヘン大会以来、53年ぶりの世界一はならず。3位決定戦はなく、銀メダルだった16年クアラルンプール大会以来、2大会ぶりのメダルは銅となった。勝った中国は10連覇をかけて9日の決勝で同2位のドイツと対戦する。

 日本は戸上隼輔、張本智和、及川瑞基で、世界卓球9連覇中の絶対王者に挑んだ。第1試合の全日本王者・戸上は世界ランク1位の樊振東に挑戦。しかし、第1ゲーム(G)から隙のない世界最強を崩せず。5-11で落とすと、第2G一時リードを奪ったものの、ジュースの末に10-12、第3Gは4-11。今大会、相手のエースを次々破ってきた戸上が、勝って日本に流れをもたらしたいところだったが、ストレートで落とした。

 勝った樊はコート上でインタビューに応じ、「準決勝の1試合目が自分にとってはとても難しかった。相手を以前の状態のままだと思ってはいけない。今日の相手はとても良いプレーをしたと思う。しかし、自分も良いプレーができた。満足している」と話した。

 第2試合は19歳のエース・張本が、世界ランク11位の王楚欽と対戦。サウスポーの相手にリズムを掴めず、第1Gは8-11で落とした。しかし、徐々に世界ランク4位の本領を発揮し、第2Gは11-8、第3Gも11-6で奪い返す。第4Gはリードを許す展開だったが、最後は逆転で11-9でモノにした。勝利の瞬間、コート上で思わず仰向けに寝転び、会心のガッツポーズを炸裂させた。

 コート上のインタビューで第1Gを落として逆転できた要因を問われ、張本は「中国選手は本当に強いので、1球1球粘って、1球でも多く返すことを意識して2G目以降戦いました」と明かし、次の試合に向けて「次も難しい試合になると思うが、チームが勝てるように、次の自分の試合も全力で勝ちに行きたい」と語った。

 第3試合は21年全日本王者の及川が、リオ、東京と五輪連覇している世界ランク2位・馬龍と対戦。地元の「マーロウ!」コールが響く中、第1Gから格上相手に臆せず挑み、互角以上の展開を見せた。いきなりゲームポイントを握ると、最後はラリーを制してゲーム先取。しかし、第2Gになると五輪王者が牙を剥き、強烈なフォアに苦戦。5-11で落とした。第3Gは強烈なバックストレートを決めるなど4-1とリードしたが、最後は5-11。第4Gも2-11で敗れ、日本は崖っぷちに追い込まれた。

 馬は逆転勝ちを振り返り、「彼とは数年間試合をしてなかった。前回対戦の時のスコアは4-2だったと思う。難しい試合になると予想したので今回は準備万端で臨んだ。第1ゲームも悪くはなかったが、相手がとても良いプレーをしていた。第2ゲームからより一生懸命にプレーし、戦術も駆使して試合に勝った」と回顧。「2-1はいいスタート。最終的に我々が勝つでしょう」と宣言した。

 第4試合は再び登場した張本が、世界ランク1位の樊と相まみえた。日中トップ同士の対決らしくハイレベルなラリーの応酬。張本は中盤に圧巻の連続ポイントで9-4とリードし、11-7で先取して地元の観客を沈黙させた。第2Gも一進一退の攻防。今度は樊に強烈なフォアで中盤以降、ミスを誘われ、6-11で落とした。第3Gは3-11で落とした。4Gは32本のラリーを展開して沸かせる場面もあり、11-9で奪取。最終Gも11-9で奪い、世界1位を破った。

 自身の試合後、張本は「(中国から)2点(2試合)を取れたことうれしいけど、まだ試合は終わってないので、日本チーム勝てるようにしっかりと応援したい」と表情を引き締め、戸上について「今、勢いある選手なのできっと歴史を変えてくれる」とバトンを託した。

 運命の最終第5試合は戸上が決勝進出をかけて王と対戦。第1Gはリードしながら終盤で追いつかれ、ジュースの末に10-12で落とした。第2Gは主導権を握られ、7-11。大逆転を信じ、第3Gも奮闘したが、惜しくも敗れた。日本は王者中国と歴史的死闘を演じたものの、2-3で敗れた。

 今大会の日本は大会直前にインフルエンザ陽性が判明した丹羽孝希が欠場。横谷晟を含め、1人少ない4人で戦った。グループリーグを全勝で1位通過し、前日の準々決勝でポルトガルを3-1で撃破。3位決定戦がないため、2大会ぶりのメダルが確定し、メダルなしに終わった前回大会の雪辱を果たした。東京五輪で男子を長年牽引してきた水谷隼が代表を退き、24年パリ五輪に向け、新生・男子ニッポンで新たなスタートを切った。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
FitStats
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集