[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

日本女子、また完封で開幕2連勝! 伊藤美誠が完勝&長崎美柚も圧巻、ポーランドに圧勝【世界卓球】

世界卓球団体戦(テレビ東京系&BSテレ東で連日放送)が2日、中国・成都で行われ、女子グループリーグ2戦目に臨んだ世界ランク2位の日本は、同19位のポーランドに3-0で勝ち、9月30日のスロバキア戦から2連勝を飾った。3大会連続銀メダルから51年ぶりの金メダルを目指す今大会。次戦は3日に同16位のハンガリーと対戦する。

世界卓球団体戦、ポーランドのA・ベングジンと対戦した伊藤美誠【写真:Getty Images】
世界卓球団体戦、ポーランドのA・ベングジンと対戦した伊藤美誠【写真:Getty Images】

世界卓球団体戦グループリーグ第2戦

 世界卓球団体戦(テレビ東京系&BSテレ東で連日放送)が2日、中国・成都で行われ、女子グループリーグ2戦目に臨んだ世界ランク2位の日本は、同19位のポーランドに3-0で勝ち、9月30日のスロバキア戦から2連勝を飾った。3大会連続銀メダルから51年ぶりの金メダルを目指す今大会。次戦は3日に同16位のハンガリーと対戦する。

 初戦快勝の日本はオーダーを変え、伊藤美誠、佐藤瞳、長崎美柚の3人で出陣。第1試合に登場した伊藤はA・ベングジンと対戦した。長短、さらには回転の種類も変えたサーブからの3球目攻撃で主導権を握り、レシーブでもスピードで圧倒。11-7で先取した。第2ゲームもバックハンドでのレシーブエースなどで得点を重ねて11-7で連取。第3ゲームもサーブ、レシーブで相手に的を絞らせず、最後まで攻め切って11-4で奪い、わずか20分でストレート勝ちした。

 第2試合では今大会初出場の佐藤がK・ベングジンと対戦。カットマンの佐藤は第1ゲームから粘り強く拾って相手のミスを誘い、ポイントを重ねた。甘いボールをカウンターで逆襲するシーンもあり、11-9で先取。第2ゲームは意表を突いた3球目攻撃を見せるなど相手を幻惑し、11-6で連取した。第3ゲームも相手のドライブ攻撃を拾い続けるだけでなく、互角以上の打ち合いを演じて11-9で奪い、ストレートで自身初勝利を手にした。

 第3試合は長崎がクシシェクと対戦。初戦のスロバキア戦で見せた攻撃力を第1ゲームから披露した。フォアの3球目攻撃、鋭いバックハンドレシーブで得点を重ねると、最後もレシーブエースで決め、11-5で先取した。第2ゲームも圧倒すると、第3ゲームも奪って、完勝を収めた。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、4年ぶりの開催となる世界最強国決定戦。日本は石川佳純、平野美宇が代表から外れ、平均年齢21歳の若いチームとなった。世界ランク6位のエース・伊藤は3大会連続の団体戦出場。日本人トップの同5位・早田もエース格に成長し、中国の5連覇阻止を狙う。

 男子32、女子28の国と地域がエントリー。9月30日から始まっているグループリーグ(男子7組、女子6組)の上位16チームが5日からの決勝トーナメントに進出する。対戦国とシングルス5試合(3勝先取)で勝敗を争い、各対戦3人が出場。3ゲーム先取で行われ、第1、2試合に出場した2選手はたすき掛けで第4、5試合にも出場する。

【日本女子のグループリーグ】(カッコ内は世界ランク)
日本(2位)
ハンガリー(16位)
ポーランド(19位)
スロバキア(30位)
ウズベキスタン(52位)

▽日本代表メンバー
伊藤美誠(スターツ)
早田ひな(日本生命)
長崎美柚(木下グループ)
木原美悠(JOCエリートアカデミー/星槎)
佐藤瞳(ミキハウス)

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集