[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

遂に4回転アクセル成功で海外衝撃 17歳マリニンに「綺麗な4A!」「口が塞がらない」

フィギュアスケートの17歳イリア・マリニン(米国)が14日(日本時間15日)、米レークプラシッドで行われたUSインターナショナルの男子フリーで、世界で初めて4回転アクセルの着氷に成功した。米記者は歴史的快挙の動画を公開。米ファンから「綺麗な4A!」「難なくこなしている」と驚きの声が上がった。

イリア・マリニン【写真:Getty Images】
イリア・マリニン【写真:Getty Images】

イリア・マリニンが4回転アクセルを着氷

 フィギュアスケートの17歳イリア・マリニン(米国)が14日(日本時間15日)、米レークプラシッドで行われたUSインターナショナルの男子フリーで、世界で初めて4回転アクセルの着氷に成功した。米記者は歴史的快挙の動画を公開。米ファンから「綺麗な4A!」「難なくこなしている」と驚きの声が上がった。

【注目】パリを目指す才藤歩夢の想い 『チアスタ!』で受けたギフティングは近代五種の普及活動へ

 ついに着氷する選手が登場した。マリニンは冒頭に大技挑戦。前向きに踏み切り、高さのあるジャンプを披露した。しっかり片足で降り、両手を広げてバランスを取った。

 ツイッターに動画を公開したのは、米名物記者のジャッキー・ウォン氏。文面に「イリア・マリニンが史上初の4回転アクセル成功」とつづると、海外ファンにも「素晴らしい!」「ただただ驚き」「この少年は歴史を作った!」「難なくこなしている」「綺麗な4A!」「開いた口が塞がらない」「私の顎が床まで落ちた」と衝撃を与えた。

 4回転アクセルは、五輪連覇王者の羽生結弦が2月の北京五輪で挑戦。回転不足で転倒したものの、国際スケート連盟(ISU)公認大会ではジャンプとして初の認定を受けていた。マリニンのフリーは185.44点、合計257.28点。ショートプログラム(SP)は6位だったが、逆転優勝を飾った。

 1月の全米選手権で2位に入り、一躍注目を浴びた。国際舞台の実績が少ないこともあり、北京五輪代表の座は惜しくも逃したものの、インスタグラムではユーザーネーム「quadg0d(4回転の神)」に恥じない練習映像を公開。4回転ジャンプを次々と着氷する姿が大きな話題となっていた。4月の世界ジュニア選手権で優勝している。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集