[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

57発ジャッジ、“微妙判定”の見逃し三振に無反応 米注目「これが彼の抗議方法だ」

米大リーグ・ヤンキースのアーロン・ジャッジ外野手が14日(日本時間15日)、敵地レッドソックス戦で“微妙判定”を受けた。見逃し三振に終わり、球審と話し込む場面も。米記者が動画を公開すると、米ファンから「これがジャッジの抗議方法だ」と反発の声などが上がった。

ヤンキースのアーロン・ジャッジ【写真:ロイター】
ヤンキースのアーロン・ジャッジ【写真:ロイター】

ジャッジが見逃し三振となった外角球に米反発

 米大リーグ・ヤンキースのアーロン・ジャッジ外野手が14日(日本時間15日)、敵地レッドソックス戦で“微妙判定”を受けた。見逃し三振に終わり、球審と話し込む場面も。米記者が動画を公開すると、米ファンから「これがジャッジの抗議方法だ」と反発の声などが上がった。

【注目】パリを目指す才藤歩夢の想い 『チアスタ!』で受けたギフティングは近代五種の普及活動へ

 ジャッジが立ち尽くした。4-1の6回2死二塁。相手右腕の球は外角いっぱいのコースへ。捕手がフレーミングを駆使したようで、ニック・マーリー球審はストライクをコールした。敵地は今季57号を誇る最強打者の見逃し三振に拍手喝采。ジャッジは打席から出ることなく、肘当てを外した。イニング間には球審と話し込んでいた。

 三振動画を公開した米メディア「ジョムボーイ・メディア」のポッドキャスト番組「トーキン・ヤンクス」公式ツイッターは、文面で「ジャッジはこのストライク判定の後、球審にいくつかの言葉を並べた」と投稿。米ファンからは「明らかにストライクではない」「アウトサイド。外れてる」「5インチ(約12センチ)は離れている」「これがジャッジの抗議方法だ」「球審はレッドソックス最高の守備陣」と、58号を“阻止”した判定が注目を集めた。

 米スポーツ専門局「ESPN」のマーリー・リベラ記者は、ツイッターにジャッジと球審が話し込む動画を公開。「打席後のジャッジとマーリー(球審)の話し合い。ジャッジとスタントン(ともにキャリアで退場なし)は、マーリーの今夜のストライクゾーンに納得いっていないようだ」と伝えた。

 ジャッジはエンゼルスの大谷翔平投手とのア・リーグMVP争いが注目を集めている。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集