[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

伊藤美誠、Tリーグデビュー戦白星に笑顔 「団体戦が楽しくて、嬉しくて、心温まる」

卓球のTリーグは10日、東京・大田区総合体育館で5シーズン目が開幕した。女子では、5連覇を目指す日本生命レッドエルフと昨季4位の木下アビエル神奈川が対戦。リーグ初参戦の伊藤美誠、早田ひなを擁する日本生命が、石川佳純、新加入の平野美宇らが出場した神奈川を4-0のストレートで下し、白星発進した。観衆は2333人。

Tリーグ初参戦の伊藤美誠。平野美宇に3-1で勝利した【写真:浜田洋平】
Tリーグ初参戦の伊藤美誠。平野美宇に3-1で勝利した【写真:浜田洋平】

卓球Tリーグの女子が開幕

 卓球のTリーグは10日、東京・大田区総合体育館で5シーズン目が開幕した。女子では、5連覇を目指す日本生命レッドエルフと昨季4位の木下アビエル神奈川が対戦。リーグ初参戦の伊藤美誠、早田ひなを擁する日本生命が、石川佳純、新加入の平野美宇らが出場した神奈川を4-0のストレートで下し、白星発進した。観衆は2333人。

【注目】パリを目指す才藤歩夢の想い 『チアスタ!』で受けたギフティングは近代五種の普及活動へ

 第1試合のダブルス(3ゲームマッチ)は、日本生命の麻生麗名、笹尾明日香ペアが“Wみゆう”こと長崎美柚、木原美悠ペアと対戦した。第1ゲーム(G)を11-6で先取。第2Gは10-10の得点した方が勝ちという場面で相手のミスを誘い、2019年のワールドツアー・グランドファイナルを制すなど実績のあるペアをストレートで下した。

 第2試合以降はシングルス(5ゲームマッチ)で対戦。世界ランク6位の早田が連戦となった同14位の木原を迎え撃った。第1Gは10-10から1ゲームを先取されたが、第2Gは接戦の末に11-8で奪い返す展開。第3Gも強烈なフォアハンドなどを武器にポイントを重ね、11-10で連取に成功した。第4Gも強打が冴えわたり、6連続得点でスタート。ペースを握り、11-5で勝利を手にした。

 日本生命の2勝で迎えた第3試合。伊藤が勝てばチームの白星が決まる試合の相手は、“みうみま”としてダブルスを組んできた平野だった。第1Gは4連続失点を喫したが、バックハンドを決めてTリーグ初得点。しかし、主導権を握ることができず、7-11で落とした。第2Gは11-4と圧倒。2人の激しいラリーにどよめきが起きた。

 勢いに乗った伊藤は第3Gも11-8で奪った。第4Gは5度の同点になる接戦。最後は伊藤が11-8で勝ち切った。同学年の東京五輪メダリスト対決を制し、Tリーグデビュー戦で勝利。ラケットタッチを交わした後に大きな拍手を浴び、第4試合までに日本生命の白星が確定した。第4試合ではリ・ジャイが石川にゲームカウント3-0でストレート勝ちした。

 場内インタビューでは、伊藤が「テレビでよく見ていたのでこのヒーローインタビューに少し憧れていた。嬉しいです」と笑顔でコメント。「初戦が凄く大事と思っていたし、チームとしても4-0で勝つことが凄く大きい。試合になったら思い切って戦うことを心掛けていました。1点、1点取ることが大事。とにかく1点を取ることを目標にしていたので、思い切ってプレーできた」と語り、こう続けた。

「たくさんの方が見に来てくれて、決勝戦のような気持ちでプレーしていた。私自身、チームで戦うことが少なかったので、日本生命のチームとして戦うことが楽しくて、嬉しくて、心温まる瞬間でした。こういうふうに応援してくれて試合が楽しいな、団体戦が好きだなと思いました。今季は大事な年。今年でパリ五輪の代表が決まると思っている。みんな一丸となって切磋琢磨して頑張っていきたい」

 23日の次戦は、神奈川がアリーナ立川立飛でトップおとめピンポンズ名古屋と、日本生命が浦和駒場体育館で京都カグヤライズと対戦する。30日からは中国・成都で世界卓球(テレビ東京系&BSテレ東で連日放送)が行われ、伊藤、早田、木原、長崎、佐藤瞳が出場する。

(THE ANSWER編集部)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集