[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

斎藤佑樹、早大の恩師・應武篤良氏を追悼 他界数日前のメッセージ紹介「原文のまま掲載いたします」

プロ野球の元日本ハム投手・斎藤佑樹氏が10日、インスタグラムを更新。7日に亡くなった早大時代の監督・應武篤良氏を追悼し、生前の写真などを掲載した。

早大時代の應武篤良氏(左)と斎藤佑樹氏【写真:アフロ】
早大時代の應武篤良氏(左)と斎藤佑樹氏【写真:アフロ】

インスタグラムを更新「そっちであまり飲みすぎないてくださいね」

 プロ野球の元日本ハム投手・斎藤佑樹氏が10日、インスタグラムを更新。7日に亡くなった早大時代の監督・應武篤良氏を追悼し、生前の写真などを掲載した。

【注目】夫婦で掴んだ2度のパラリンピック出場 楽しむ柔道から学んだこと / 視覚障がい者柔道・廣瀬順子選手インタビュー(GROWINGへ)

 應武氏は2005年から6年間にわたり早大監督を務めた。07年に入学した斎藤氏にとっては4年間指導を受けた恩師。一緒に全日本大学選手権優勝を達成するなど、同期の大石達也(元西武)、福井優也(楽天)らとともに黄金期を築いた。

 インスタグラムで長文のメッセージを掲載した斎藤氏。学生時代からプロ入り後、さらに引退報告した際などの思い出を記した。さらに亡くなる数日前、当時の早大野球部を振り返って應武氏からメッセージが送られたことを明かし、「原文のまま、ここに掲載いたします」とつづった。

 そして、最後は「みんなそれぞれ、天国に向かって乾杯しているはずです。今日、僕もそうします。そっちであまり飲みすぎないでくださいね」と締めた。

 全文は以下の通り。

 ◇ ◇ ◇

恩師である
早稲田大学元監督の應武さんが天国へ旅立たれました。

見た目はちょっと怖いけど
僕たち選手を見る眼差しはとても優しかった。

「意味のない練習かもしれないけどいつか笑える日が来るぞ」

と檄を飛ばされ、4年間でたくさん走り、たくさん投げました。

その一方で、監督は常に身体の心配をしてくれました。
「どこか痛い場所はないか?違和感があったらすぐに言えよ。
今も大事だけどこの先も長いぞ。」

僕たちがプレーに集中するためにマスコミの方たちをシャットアウトしたり、批判的な記事を書いたらすぐ出禁にしたり、今思えば無茶苦茶なことをしていたけど(笑)、僕たち選手はいつも守られていました。

プロ野球でなかなか活躍できなくて電話をすると、「大丈夫だ!苦しんでる斎藤の姿も結構いけてるぞ!」なんて冗談を言ってくれたり、
引退する時にご報告したら、
「じじいになった時にお前が同世代で1番野球界に貢献していればいいんだ。お前の仕事はここからが本番だ!」と言葉をかけてくださり、その言葉が今の僕の道標になっています。

亡くなる数日前、当時の早稲田大学野球部を振り返り、監督からメッセージが送られてきました。原文のまま、ここに掲載いたします。

「本当に素晴らしい仲間だよ。指導力のなさを学生達が研究して、分析して、皆が考えて勝利に向かう。
素晴らしいと思いましたよ。
負けて、坊主にもなった。
感謝の気持ちを両親、家族と野球が神宮の満員の中で出来た。その仲間は最高だ(^_^)

私だけが昭和野郎で迷惑かけたな」

應武監督、ありがとうございました。
教え子たちはもちろん、あなたを偲ぶ仲間がたくさんいます。

みんなそれぞれ、天国に向かって乾杯しているはずです。
今日、僕もそうします。
そっちであまり飲みすぎないでくださいね。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集