[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ダルビッシュが球審に取った行動を米称賛 日米3000Kの裏で見せた「一流の振る舞い」

米大リーグ・パドレスのダルビッシュ有投手は2日(日本時間3日)、敵地ドジャース戦に先発し、7回2安打9奪三振の無失点で今季12勝目を挙げた。4回には156キロの速球を捕手が後逸し、球審を直撃。ダルビッシュはすぐに歩み寄った。米投球分析家が動画を公開すると、米ファンからは「一流の振る舞い」「なんて健全な男」と称賛の声が上がった。

ドジャース戦に先発したパドレスのダルビッシュ有【写真:ロイター】
ドジャース戦に先発したパドレスのダルビッシュ有【写真:ロイター】

ダルビッシュが敵地ドジャース戦に先発

 米大リーグ・パドレスのダルビッシュ有投手は2日(日本時間3日)、敵地ドジャース戦に先発し、7回2安打9奪三振の無失点で今季12勝目を挙げた。4回には156キロの速球を捕手が後逸し、球審を直撃。ダルビッシュはすぐに歩み寄った。米投球分析家が動画を公開すると、米ファンからは「一流の振る舞い」「なんて健全な男」と称賛の声が上がった。

【注目】パリを目指す才藤歩夢の想い 『チアスタ!』で受けたギフティングは近代五種の普及活動へ

 ダルビッシュが言葉をかけた。4-0の4回2死二塁。6番ガロを追い込むと、97マイル(約156.1キロ)の直球でバットを振らせた。空振り三振かと思われた一球。しかし、捕手のミットには収まらず、アルフォンソ・マルケス球審の左胸付近を直撃した。左腕にも当たったようで、ダルビッシュは痛がるマルケス球審のもとへ。グラブで軽く背中を叩く気遣いを見せると、球審も肩を触って返した。

 一連の動画を公開したのは、「ピッチングニンジャ」の愛称で知られる米投球分析家ロブ・フリードマン氏。ツイッターに「ユウ・ダルビッシュ、97マイルの速球(そしてアルフォンソ・マルケスに、サイン違いで異なる球種を投げたことを謝罪『すみません』)」と記した。

 米ファンは「痛そうね……ユウ、あなたのせいじゃないよ」と注目していたが、直後の行動に対し、「ユウ・ダルビッシュはなんて健全な男なんだ」「なんて良い男だろう」「一流の振る舞いだ」と称賛のコメントも相次いだ。

 この一球はファウル判定となったが、ダルビッシュは結果的に見逃し三振に仕留めた。5回には日米通算3000奪三振を達成し、7-1の勝利に貢献。日本人投手通算1000勝の節目を飾った。今季12勝目の裏で思わぬ行動が注目を浴びていた。

(THE ANSWER編集部)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集