[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

原英莉花は3位好発進 逆風&打ち上げでも277yビッグショット披露「今のヤバい!って」

女子ゴルフの国内ツアー・ゴルフ5レディスが2日、千葉・ゴルフ5Cオークビレッヂ(6465ヤード、パー72)で開幕した。前週7位の原英莉花(NIPPON EXPRESSホールディングス)は、6バーディー、1ボギーの67で5アンダー。首位に4打差の3位につけた。逆風、打ち上げの6番パー5(488ヤード)では衝撃のドライバーショットも放った。

ゴルフ5レディス、首位に4打差の3位発進となった原英莉花【写真:Getty Images】
ゴルフ5レディス、首位に4打差の3位発進となった原英莉花【写真:Getty Images】

ゴルフ5レディス初日

 女子ゴルフの国内ツアー・ゴルフ5レディスが2日、千葉・ゴルフ5Cオークビレッヂ(6465ヤード、パー72)で開幕した。前週7位の原英莉花(NIPPON EXPRESSホールディングス)は、6バーディー、1ボギーの67で5アンダー。首位に4打差の3位につけた。逆風、打ち上げの6番パー5(488ヤード)では衝撃のドライバーショットも放った。

【特集】夫婦で掴んだ2度のパラリンピック出場 楽しむ柔道から学んだこと / 視覚障がい者柔道・廣瀬順子選手インタビュー(GROWINGへ)

 6番パー5。原が放ったドライバーショットが、観客の度肝を抜いた。雨が降り、逆風、打ち上げの状況下、高い弾道で想定外の位置までボールを運んだからだ。原自身も会見で手ごたえを語った。

「久しぶりにあのホールはいいショットが打てました。キャディーさんとも『今のヤバい、いい感じだった!』って話して(笑)」

 同ホールはドライビングディスタンスが記録されており、原は277ヤード。2位で268ヤードの神谷そらを9ヤード上回る全選手中1位の飛距離で、楽々と2オンにも成功した。前日、「責任あるインパクトをする」と宣言した通り、自分の決めたアライメント(体の向き)で、迷わずに振り切った結果だった。

「最初のホールをパーで重ねて、ロングでしっかりバーディー獲っていけたのが良かった。今日もリズムよくプレーが出来たかなと思います」

 後半の13番パー5でも、飛距離を生かして楽々のバーディー。アイアンショットでもピンを絡める場面があり、声を弾ませた。

「ドライバーは(8月の)NEC(軽井沢72ゴルフトーナメント)ぐらいから良くなってきました。(腰痛が癒えて)体の状態が良くなったこともありますが、心に余裕ができてきました」

 昨年11月の大王製紙エリエールレディス以来となる優勝を目指す。「いろんなニュースを観たりとか、ドラマを見ていても、俳優さんが素晴らしい演技を頑張っているところを観て、勝手にパワーをもらっています(笑)」。勝ちたい気持ちは強いが、「自分だけが頑張っているんじゃない」とも思えるようにもなり、いい精神状態を保てている。

 前週は単独首位で迎えた最終日に崩れたが、今は心技体がベストの状態。原は自分自身へのリベンジも期し、残り2日に全てを懸ける。

(THE ANSWER編集部・柳田 通斉 / Michinari Yanagida)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集