[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「オオタニに醜態を晒して負けた」 30号3ランで粉砕されたヤ軍に敵地NYメディアは辛辣

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は31日(日本時間1日)、本拠地ヤンキース戦に「3番・DH」で先発出場。6回の第3打席で、ヤンキースのエース右腕ゲリット・コール投手から逆転3ランを放った。痛恨の敗戦を喫したヤンキースに、ニューヨーク地元紙は「オオタニに醜態を晒した」などと落胆している。

「3番・DH」で先発出場したエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
「3番・DH」で先発出場したエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

ヤンキースのエースが逆転3ラン浴びる

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は31日(日本時間1日)、本拠地ヤンキース戦に「3番・DH」で先発出場。6回の第3打席で、ヤンキースのエース右腕ゲリット・コール投手から逆転3ランを放った。痛恨の敗戦を喫したヤンキースに、ニューヨーク地元紙は「オオタニに醜態を晒した」などと落胆している。

【注目】パリを目指す才藤歩夢の想い 『チアスタ!』で受けたギフティングは近代五種の普及活動へ

 大谷に粉砕された。6回1死一、二塁、コールが2ボールから投じた3球目だ。甘いコースに入った157キロの直球。見逃してもらえなかった。バックスクリーンに運ぶ逆転の3ラン。打った大谷は一塁付近で派手にガッツポーズを見せて吠え、対照的にコールは悔しがった。この一発が響き、ヤンキースは2-3で敗れた。

 優勝争いを演じるヤンキースだったが、手痛い黒星となった。辛口として知られるニューヨークの地元紙「ニューヨークポスト」は「ヤンキースがショウヘイ・オオタニとエンゼルスに醜態を晒して負ける」と辛辣な見出しを打って記事を掲載。「ワンスイングでショウヘイ・オオタニはヤンキースとゲリット・コールを負かした」と痛恨の一球を振り返った。

 また大谷の3ランが生まれた6回の出来事も紹介。「コールに2点の援護が与えられ、2連勝へ視界良好と思われた」「しかし、6回の守備の前にファンが乱入し、遅延が生じた。そこから一気に事態は横道に逸れた」と試合の潮目に注目している。大谷の一発の前には失策で走者を出していた。

 ヤンキースはエンゼルスとの3連戦を1勝2敗と負け越し。敗れた2試合はいずれも大谷に本塁打を打たれている。辛口NYメディアに背番号17の存在を強く印象付けるシリーズとなった。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集