[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平に痛恨3ランを被弾 ヤ軍エースは反省「今夜最悪の直球だ」「ひどいコース」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は31日(日本時間1日)、本拠地ヤンキース戦に「3番・DH」で先発出場。6回の第3打席に、ヤンキースのエース右腕ゲリット・コール投手から逆転3ランを放った。これで2年連続の大台30号に到達。チームを3-2の勝利に導いた。痛恨の一発を浴びたコールは「今夜最悪の直球だった」と語っているという。

6回の第3打席に逆転の30号3ランを放ったエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
6回の第3打席に逆転の30号3ランを放ったエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

大谷はコールから逆転のV3ラン

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は31日(日本時間1日)、本拠地ヤンキース戦に「3番・DH」で先発出場。6回の第3打席に、ヤンキースのエース右腕ゲリット・コール投手から逆転3ランを放った。これで2年連続の大台30号に到達。チームを3-2の勝利に導いた。痛恨の一発を浴びたコールは「今夜最悪の直球だった」と語っているという。


【注目】CW-Xを川澄奈穂美選手がお試し 運動パフォーマンスを支える「股関節サポート機能」って?(W-ANS ACADEMYへ)

 大谷が名門球団のエースを粉砕した。2点を追う6回1死一、二塁の第3打席。2ボールからの3球目だ。コールが投じたのは157キロの速球だったが、甘く入った。これを逃さなかった大谷。とらえた打球は中越えの逆転3ランに。一塁ベース付近で右手を突き上げ、ガッツポーズを作った。

 コールにとっては痛恨の一発。ニューヨークの中継局「YESネットワーク」の解説者、ジャック・カリー氏は「コールはカウント2-0からのオオタニへの直球について『今夜最悪の直球だった』。彼は外角のコーナーに投げ込みたかったが、真ん中寄りとなってしまったという。『ひどいコースに投げてしまった』とコールは話した」と、インタビューを受けたコールの様子をツイッターで伝えた。

 またニューヨークの中継局「YESネットワーク」公式ツイッターは、試合後に取材対応したコールの映像を公開。6回はエラー絡みの失点になったが、影響については「そうでもない」と言い訳せず。大谷の一発は「もう少し(外角に)外したかった。バッドミスだ」と明かし、その一球へのフラストレーションがあるか問われ「うん、そう思う」と振り返っている。

(THE ANSWER編集部)




W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集