[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ジャッジ豪快51号! 大谷翔平の前で2戦連発、63発ペースに米記者衝撃「歴史作っている」

米大リーグ・ヤンキースのアーロン・ジャッジ外野手が30日(日本時間31日)、敵地エンゼルス戦の4回に今季51号3ランを放った。今季130試合目で、年間63発ペース。MVP争いが注目される大谷翔平投手の前で、2戦連続の豪快な一発を放った。米記者も衝撃を受けた様子で「みなさん、歴史が作られてますよ」と伝えていた。

エンゼルス戦で51号3ランを放ったヤンキースのアーロン・ジャッジ【写真:ロイター】
エンゼルス戦で51号3ランを放ったヤンキースのアーロン・ジャッジ【写真:ロイター】

エンゼルス戦でリードを広げる3ラン

 米大リーグ・ヤンキースのアーロン・ジャッジ外野手が30日(日本時間31日)、敵地エンゼルス戦の4回に今季51号3ランを放った。今季130試合目で、年間63発ペース。MVP争いが注目される大谷翔平投手の前で、2戦連続の豪快な一発を放った。米記者も衝撃を受けた様子で「みなさん、歴史が作られてますよ」と伝えていた。

【特集】夫婦で掴んだ2度のパラリンピック出場 楽しむ柔道から学んだこと / 視覚障がい者柔道・廣瀬順子選手インタビュー(GROWINGへ)

 ジャッジがまたもパワーを見せつけた。4-2で迎えた4回2死一、二塁の第3打席。エンゼルス先発マイヤーズが高めに投じた95マイル(約152.9キロ)を叩いた。ジャッジが確信した様子で見守る中、打球は右中間スタンドへ突き刺さった。今季51号3ラン。リードを5点に広げ、ホームイン後は同僚と喜び合った。

 スタットキャストによると、打球速度107.5マイル(約173キロ)、打球角度36度、飛距離378フィート(約115.2メートル)の一発。ロジャー・マリスが記録したア・リーグ史上最多記録61本を上回るペースだ。ツイッター上の米記者たちも即座に反応している。

 米スポーツメディア「ジ・アスレチック」のマーク・クレイグ記者は「なぜ今アーロン・ジャッジに直球を投げるんだ?」とエンゼルスバッテリーの攻めを指摘。米ニューヨーク州地元ラジオ局「WFAN」の番組でホストを務めるダニエル・マッカートン氏は「ジャッジがまた一発打った……みなさん、歴史が作られてますよ」と衝撃を受けていた。

 米スポーツベッティング専門メディア「スポーツ・グリッド」のケビン・ウォルシュJr.氏は「またこの男がやった! アーロン・ジャッジが歴史的なシーズンを過ごしている」と、MVP争いにふさわしい活躍を称えていた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集