[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

稲見萌寧、節目100試合目で笑顔の逆転V2「実現できて嬉しい。凄くいい緊張感だった」

女子ゴルフの国内ツアー・ニトリレディスは28日、北海道・小樽CC(6655ヤード、パー72)で最終日が行われ、首位と2打差の2位で出た稲見萌寧(Rakuten)が3バーディー、1ボギーの70で回り、通算9アンダーで逆転で連覇を飾った。6月以来約3か月ぶりのツアー通算12勝目。昨季賞金女王が底力を見せた。単独首位で出た原英莉花(NIPPON EXPRESSホールディングス)は2番のダボなどで失速し、9か月ぶりの優勝はならなかった。

逆転で連覇を飾った稲見萌寧【写真:Getty Images】
逆転で連覇を飾った稲見萌寧【写真:Getty Images】

ニトリレディス最終日

 女子ゴルフの国内ツアー・ニトリレディスは28日、北海道・小樽CC(6655ヤード、パー72)で最終日が行われ、首位と2打差の2位で出た稲見萌寧(Rakuten)が3バーディー、1ボギーの70で回り、通算9アンダーで逆転で連覇を飾った。6月以来約3か月ぶりのツアー通算12勝目。昨季賞金女王が底力を見せた。単独首位で出た原英莉花(NIPPON EXPRESSホールディングス)は2番のダボなどで失速し、9か月ぶりの優勝はならなかった。

【特集】夫婦で掴んだ2度のパラリンピック出場 楽しむ柔道から学んだこと / 視覚障がい者柔道・廣瀬順子選手インタビュー(GROWINGへ)

 稲見は前半3番でボギーを叩いたが、6、9、13番でバーディー。同じ最終組の山下美夢有と首位に並んだが、山下が16番で1つ落とし、単独首位に立った。18番のウィニングパットを沈めて満面の笑み。自身初の連覇を達成し、大きな拍手を浴びた。今大会前までの今季トップ10回数はツアー1位の14度。安定した強さを見せてきた賞金女王が強さを見せた。

 優勝インタビューでは「100試合目というのもあって難関コースで連覇もかかっている大会。実現できて嬉しいです。最初の方はちょっと苦しい流れが続いたけど、そこでもショットとパットで上手く耐えられた。全体的に凄くいい緊張感がありながらプレーできた。特に16番でアゲインストで難しかった」と振り返った。

 2打差の2位で山下、西村優菜、植竹希望が続いた。上田桃子、藤田さいきが6アンダーの5位。初日から首位を譲らない完全優勝に王手をかけていた原は、2番のダボと後半の3ボギーで5アンダー。吉田優利と並ぶ7位に終わった。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集