[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

原英莉花、V逸で大粒の涙「悔しい。優勝したい」 痛恨ダボで2打差守れず失速7位

女子ゴルフの国内ツアー・ニトリレディスは28日、北海道・小樽CC(6655ヤード、パー72)で最終日が行われ、2打差の首位で出た原英莉花(NIPPON EXPRESSホールディングス)は1バーディー、3ボギー、1ダブルボギーの76と崩れ、通算5アンダーの7位に終わった。昨年11月以来9か月ぶりの優勝はならず、会見で大粒の涙。出だしの2番でダブルボギーを叩いて後続に並ばれた後、なかなかバーディーを奪えず後退し、ツアー通算5勝目はお預けとなった。

失速して7位に終わった原英莉花【写真:Getty Images】
失速して7位に終わった原英莉花【写真:Getty Images】

ニトリレディス最終日

 女子ゴルフの国内ツアー・ニトリレディスは28日、北海道・小樽CC(6655ヤード、パー72)で最終日が行われ、2打差の首位で出た原英莉花(NIPPON EXPRESSホールディングス)は1バーディー、3ボギー、1ダブルボギーの76と崩れ、通算5アンダーの7位に終わった。昨年11月以来9か月ぶりの優勝はならず、会見で大粒の涙。出だしの2番でダブルボギーを叩いて後続に並ばれた後、なかなかバーディーを奪えず後退し、ツアー通算5勝目はお預けとなった。

【特集】夫婦で掴んだ2度のパラリンピック出場 楽しむ柔道から学んだこと / 視覚障がい者柔道・廣瀬順子選手インタビュー(GROWINGへ)

 これまでの3日間とは打って変わり、原から笑顔が消えた。1番パー4こそパー発進したものの、2番パー4ではパーパットが大きくオーバー。返しのパットも入らず4パットのダブルボギーとして、同じ最終組の稲見萌寧、山下美夢有に並ばれた。その後は何度かピンチをしのぎながらパーセーブを続ける我慢のゴルフだった。しかし、12番パー3でボギー。次第にショットも曲がり始め、15、16番の連続ボギーで優勝戦線から後退した。

 この日、唯一の見せ場となったが17番パー3。1オンこそ逃したが、セカンドカットからのアプローチが直接カップに入るチップインバーディーとなり、ようやく笑顔が見られた。最終18番もティーショットを右に曲げ、バーディーパットも右に外してパーでフィニッシュ。うつむきながら観衆の声援に応えた。

 テレビインタビューでは「久々の優勝争いで今日は力んだなと。2番が私の中ではちょっと残念でした」とコメント。涙を堪えながら「もうそうですね、久しぶりの優勝争いで気持ちも高まっていますし、久しぶりに悔しい気持ちもあるので、来週からも優勝目指して、もっとピンに絡めてバーディーを獲れるようにしたいです。ありがとうございました」と振り絞った。

 一方、会見では涙が止まらず。「普通に悔しいです。久しぶりの優勝争いで力んでいた。チャンスを待ちきれなかった。安全に、もう少し石橋を叩いていければよかった。うまく試合をつくれなかった」とコメント。9か月ぶりの優勝は逃したが「毎週勝つぞ、という気持ちで戦いたいし、どんな状況であってもピンを狙ってバーディーを獲っていきたい。たくさんバーディーを獲って優勝したいです」と前を向いた。

(THE ANSWER編集部)

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集