[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

元K-1武居由樹が5回TKO勝ち! 圧巻のダウン3度奪取「強くなっていつか世界王者に」

ボクシングの東洋太平洋スーパーバンタム級(55.3キロ以下)タイトルマッチが26日、東京・後楽園ホールで行われ、挑戦者の元K-1王者・武居由樹(大橋)が王者ペテ・アポリナル(フィリピン)に5回2分7秒TKO勝ちした。プロボクシング転向5戦目で初のタイトル奪取。無敗を守った。戦績は26歳の武居が5勝、27歳のアポリナルが16勝3敗。観衆は1420人。

4回に右フックでダウンを奪った武居由樹。プロボクシング転向5戦目で初のタイトル奪取をした【写真:浜田洋平】
4回に右フックでダウンを奪った武居由樹。プロボクシング転向5戦目で初のタイトル奪取をした【写真:浜田洋平】

東洋太平洋スーパーバンタム級タイトルマッチ

 ボクシングの東洋太平洋スーパーバンタム級(55.3キロ以下)タイトルマッチが26日、東京・後楽園ホールで行われ、挑戦者の元K-1王者・武居由樹(大橋)が王者ペテ・アポリナル(フィリピン)に5回2分7秒TKO勝ちした。プロボクシング転向5戦目で初のタイトル奪取。無敗を守った。戦績は26歳の武居が5勝、27歳のアポリナルが16勝3敗。観衆は1420人。

【注目】パリを目指す才藤歩夢の想い 『チアスタ!』で受けたギフティングは近代五種の普及活動へ

 武居が初回から右フックを入れた。2回に猛攻。接近しながら右フックなどを浴びせ、ダウンを先取した。再開後も続けざまに連打をお見舞いし、2度目のダウンを奪う。3回も攻勢に出ると、4回にタイミングよく強烈な右フックを炸裂させ、3度目のダウンを奪った。決着は5回。反撃に出る相手のパンチをしっかりブロックしながら、右を浴びせた。最後は連打が入り、相手がよろめいたところでレフェリーストップ。ボクシングでもベルトを手にした。

 リング上では喜びを表現した。

「大橋ジムの武居です! 正直、K-1のベルト返上からもう一回ボクシングでベルトを獲れるか不安だった。こうやってみんなが背中を押してくれたので、みんなで獲れたベルトだと思います。5ラウンドはやっぱり長いですね(笑)。もっともっと鍛えてチャンピオンとしてもっともっとかっこいい選手になれるように頑張ります。4ラウンド以降は未知だった。まだ5試合。強くなっていつか世界チャンピオンになるので、もっともっとパワーを送ってください!」

 武居は2020年12月の試合を最後にK-1を卒業。ボクシングに転向し、21年3月のデビュー戦で初回1分43秒TKO勝ちを収めた。2戦目は2分57秒、3戦目はわずか59秒で3戦連続初回TKO勝ち。今年4月の4戦目は13年全日本フェザー級新人王・河村真吾(堺春木)に2回1分22秒TKO勝ちした。ボクシング転向後は元世界3階級制覇王者・八重樫東トレーナーに師事している。

 アポリナルは、WBAスーパー&WBC&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)のスパーリングパートナーを務めたことのある27歳。20年2月のほか、今年6月のノニト・ドネア(フィリピン)戦前にも来日し、モンスターと拳を交えていた。この日は井上もリングサイドからジムメートたちの試合を見守った。

(THE ANSWER編集部)

1 2 3 4
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集