[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

復刻された1970年代のMLB“危険タックル”に米驚き「凄い時代」「今なら逮捕だ」

現在の野球は故意の接触や危険なタックルは禁止されているが、それが通常プレーとして認められていた時代もあった。米データ分析会社は、今ではありえない過去の“衝撃プレー集”の動画を公開。米ファンからは「今なら逮捕だ」と驚きの声が上がっている。

今ではありえない過去の“衝撃プレー集”に驚きの声が上がっている(画像は「コディファイ・ベースボール」公式ツイッターのスクリーンショットより)
今ではありえない過去の“衝撃プレー集”に驚きの声が上がっている(画像は「コディファイ・ベースボール」公式ツイッターのスクリーンショットより)

MLBで1970年代は日常だった危険プレーとは

 現在の野球は故意の接触や危険なタックルは禁止されているが、それが通常プレーとして認められていた時代もあった。米データ分析会社は、今ではありえない過去の“衝撃プレー集”の動画を公開。米ファンからは「今なら逮捕だ」と驚きの声が上がっている。

【特集】夫婦で掴んだ2度のパラリンピック出場 楽しむ柔道から学んだこと / 視覚障がい者柔道・廣瀬順子選手インタビュー(GROWINGへ)

 二塁を前に明らかにアウトのタイミングだった走者。一塁への送球を妨害するために、ベースの1メートルほど前から左肩を突き出した。そのまま二塁ベースカバーに入った選手の腹部に“ショルダージャージ”をぶちかます。激しく交錯した2人はもんどりうって倒れた。それに続く動画でも、二塁手が一塁走者の激しい“ダイブ”を腹部に受けて転倒。間近で見ていた塁審は冷静にアウトの判定を下した。

 米データ分析会社「コディファイ・ベースボール」公式ツイッターは「1970年代、このプレーは合法でした。これは両方ともポストシーズンで生まれています」と文面に記し、2つの“危険タックル”動画を公開。米ファンからは「今なら逮捕だ」「凄い時代」「この頃に戻して」「見ていて楽しそう」と懐かしむ声やエキサイティングな様子の声が上がった。

 この動画が公開されたきっかけとなったのは、12日(日本時間13日)の米大リーグ・ホワイトソックス―タイガースの一戦で生まれたワンプレー。ホワイトソックスのルイス・ロベルトが二塁にヘッドスライディングした際、タイガースのジョナサン・スクープのブロックを受けてベースタッチできず、一瞬だけベースから離れたところでタッチアウトになってしまった。ルール改正前なら激しい衝突があったかもしれない。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集