[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、意外なプレーでアウト献上 敵右腕に米記者指摘「どれほど幸運かわかるか」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は13日(日本時間14日)、本拠地ツインズ戦に「2番・DH」で先発し、第1打席でセーフティーバントに失敗した。意表を突くプレーに球場も騒然とした様子。米記者は「そうそう見られるもんじゃない」と伝えた。

第1打席でセーフティーバントを試みるエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
第1打席でセーフティーバントを試みるエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

大谷翔平が「2番・DH」で先発

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は13日(日本時間14日)、本拠地ツインズ戦に「2番・DH」で先発し、第1打席でセーフティーバントに失敗した。意表を突くプレーに球場も騒然とした様子。米記者は「そうそう見られるもんじゃない」と伝えた。

【注目】パリを目指す才藤歩夢の想い 『チアスタ!』で受けたギフティングは近代五種の普及活動へ

 大谷が意外なプレーを見せた。0-1の初回1死走者なしの初球。相手右腕ディラン・バンディが投球動作に入ると、バントの構えをとった。ゆったりとした動きで真ん中変化球を転がす。球場もざわめく中、一塁に激走したが、捕ゴロに終わった。

 3試合ぶりの26号本塁打が期待されるが、いきなりバント安打を狙った打席。米記者はツイッターで速報した。米スポーツメディア「ジ・アスレチック」のエンゼルス番サム・ブラム記者は「ショウヘイ・オオタニはシフトの逆をつこうとバントをした。しかし、アウトになってしまった。彼が(バントを)するのはそうそう見られるもんじゃない」と驚きをもって伝えた。

 MLB公式サイトのエンゼルス番レット・ボリンジャー記者は、「ショウヘイ・オオタニはシフトを破ろうとしてバントをしたが、本塁前で打球が死んでしまい、簡単にアウトになってしまった」と紹介。南カリフォルニアニュースグループのMLBレポーターのJ.P.ホーンストラ記者も「ショウヘイ・オオタニはバントでアウトに。ディラン・バンディは自分がどれほど幸運なのかわかっているだろうか」と強打者の1プレーに注目していた。

 大谷はこれまでも稀にセーフティーバントを試みる場面はあったが、今季25本塁打を放った強打者の久々のシーンだけに注目を集めたようだ。

(THE ANSWER編集部)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集