[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

勝みなみ、4日間ノーボギーVが「史上初」で仰天「え~、嬉しい!全然知らなかった」

女子ゴルフの国内ツアー・楽天スーパーレディースは31日、兵庫・東急グランドオークGC(6616ヤード、パー72)で最終日が行われ、勝みなみ(明治安田生命)が1バーディー、ボギーなしの71で回り、通算22アンダーでツアー通算7勝目(アマ時代を含む)を挙げた。4日間大会をボギーなしで優勝するのは史上初の快挙となったが、最終日は“自分との闘い”だったことを明かした。

史上初、ノーボギーで優勝を飾った勝みなみ【写真:Getty Images】
史上初、ノーボギーで優勝を飾った勝みなみ【写真:Getty Images】

楽天スーパーレディース最終日

 女子ゴルフの国内ツアー・楽天スーパーレディースは31日、兵庫・東急グランドオークGC(6616ヤード、パー72)で最終日が行われ、勝みなみ(明治安田生命)が1バーディー、ボギーなしの71で回り、通算22アンダーでツアー通算7勝目(アマ時代を含む)を挙げた。4日間大会をボギーなしで優勝するのは史上初の快挙となったが、最終日は“自分との闘い”だったことを明かした。

【注目】“応援”が背中を押す 女子バスケ・髙田真希が感じた『チアスタ!』がつなぐ思い

 3日目を終えて2位に9打差。十分すぎる“貯金”を持って迎えた最終日は、朝から妙なプレッシャーを感じていた。前日までノーボギー。「今日、ボギーは打てないな」という思いが自分の体を支配していった。

 2番できわどくパーセーブ。3番パー3では9アイアンで打って4メートルにつけると、この大会22個目のバーディーを奪った。前日までの勢いをキープし、さらにバーディーラッシュが続くと思われたが、ここから別人のゴルフとなった。「攻めたけど、セーフティーに行きたがる自分がいた」と振り返ったように、体が思うように動かなくなってピンチの連続となった。

 それでも、7番の3メートル、12番の4メートルをねじ込んでパーセーブに成功。17番パー3はティーショットがグリーン奥のラフに入り、アプローチもショートして4メートルが残った。緊張に包まれたパットも打った瞬間は「入らないと思った」というが、結果はど真ん中からカップイン。「あれでパー、取れるんだ……」と驚いたという。

 結果、最終日のバーディーは1つだけだったが、見事に国内女子4日間大会では初のノーボギー優勝を達成。だが、これが前人未踏の記録だったことは知らなかったそう。「え~、うれしい! 全然知らなかったです。でも、かえって良かったかも。知ってたらダメだったかもしれないので」と笑った。

 ショットが良くなり、前日までの“貯金”が余裕を生んだ。とはいえ、ノーボギーのプレッシャーのせいで72ホールのツアー最少ストローク(24アンダー)記録更新の夢はかなわなかった。「(スコアを)伸ばしたい気持ちはあったし、両方の記録を更新したかった。チャンスはあっただけに、そこは残念」と少しだけ表情を曇らせたが、「でも優勝できたから良かったです」と上を向いた。

 来週は急遽、海外メジャー最終戦のAIG全英女子オープン(8月4~7日)の出場が決まったため渡英する。「ショットも良くなっているし、予選を通過して上位で終われるようにしたい」とメジャーでの躍進に思いを馳せた。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集