[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平が先制21号! 不服判定直後に128m弾、米記者驚愕「あの球を何人が運べる?」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は26日(日本時間27日)、敵地ロイヤルズ戦に「1番・DH」で先発。3回の第2打席で中越えに先制の21号ソロを放った。直前に微妙なストライク判定を受けて納得いかない仕草を見せていたが、直後の投球を豪快に運んだ。米記者は「あの球をバックスクリーンに運べるのは何人いるのだろうか」と驚きの声を上げていた。

エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

敵地ロイヤルズ戦に「1番・DH」で先発

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は26日(日本時間27日)、敵地ロイヤルズ戦に「1番・DH」で先発。3回の第2打席で中越えに先制の21号ソロを放った。直前に微妙なストライク判定を受けて納得いかない仕草を見せていたが、直後の投球を豪快に運んだ。米記者は「あの球をバックスクリーンに運べるのは何人いるのだろうか」と驚きの声を上げていた。

【注目】“応援”が背中を押す 女子バスケ・髙田真希が感じた『チアスタ!』がつなぐ思い

 仕留めた。0-0で迎えた3回1死走者なしの第2打席。2ボールからの3球目、相手先発セルパが投じた低めの変化球を見逃したが、ストライク判定。これに納得のいかない仕草を見せていた大谷だったが、直後の4球目、外寄り95マイル(約152.8キロ)直球を逆らわずにはじき返した。グングン伸びた打球は中越えの21号ソロ。先制点をもたらし、悠々とホームインした。

 この一発に、ツイッター上の米記者も続々と反応した。米スポーツメディア「ジ・アスレチック」のエンゼルス番サム・ブラム記者は「420フィート(約128メートル)の一発。エンゼルスは13イニングぶりの得点」と、前日完封負けを喫したエンゼルスに先制点を与えたことを伝えた。敵地の番記者であるMLB公式サイトのロイヤルズ番、アンネ・ロジャース記者は「ショウヘイ・オオタニは直球を粉砕した。打球速度109.6マイル。一直線でセンターに」と投稿した。

 さらに米スポーツメディア「ジ・アスレチック」のロイヤルズ番、アレック・ルイス記者は「アンヘル・セルパは直球をコーナーに投じようとしたが少し甘く入ってしまった。ショウヘイ・オオタニはそれを逃さなかった。あの球をバックスクリーンに運べるのは何人いるのだろうか」と驚きを持って伝えていた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集