[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「見たことない」と監督も脱帽 矢板中央DF、驚異のロングスローで3戦連続ゴール演出

徳島県で開催されている全国高校総体(インターハイ)のサッカー男子は26日に3回戦を行い、矢板中央(栃木)は東山(京都)を1-1でもつれ込んだPK戦の末に5-4で破り、初のベスト8進出を決めた。冬の全国高校サッカー選手権ではベスト4に進んだ実績を持つが、苦手としていた夏のインターハイでようやくベスト16の壁を超えた。

矢板中央DF木村匠汰は自慢のロングスローから3試合連続でゴールを演出した【写真:平野貴也】
矢板中央DF木村匠汰は自慢のロングスローから3試合連続でゴールを演出した【写真:平野貴也】

全国高校総体サッカー男子、矢板中央が東山をPK戦の末に破り初のベスト8進出

 徳島県で開催されている全国高校総体(インターハイ)のサッカー男子は26日に3回戦を行い、矢板中央(栃木)は東山(京都)を1-1でもつれ込んだPK戦の末に5-4で破り、初のベスト8進出を決めた。冬の全国高校サッカー選手権ではベスト4に進んだ実績を持つが、苦手としていた夏のインターハイでようやくベスト16の壁を超えた。

 特に目立っているのが、左DF木村匠汰(3年)のロングスローだ。開始4分、右サイドから木村が放ったロングスローを主将のMF田邉海斗(3年)が頭で合わせて先制。試合終盤に同点ゴールを許してPK戦にもつれ込んだが、東山の5人目がミスしたのに対し、矢板中央は5人全員が成功。接戦をものにして、新たな歴史の扉を開いた。

 対戦相手の東山は、昨冬の全国高校サッカー選手権で8強。優勝した青森山田(青森)を最も苦しめたチームで、2年生が多かったため主力がほぼ残っている注目チームだ。攻撃の主軸であるMF阪田澪哉(3年)は、来季のセレッソ大阪加入が内定している。技術力の高い攻撃陣が魅力だ。

 対する矢板中央は、泥臭く球際で戦う守備で応戦。リードした後も相手の攻撃をはね返し続けた。高橋健二監督は「今年、スタート段階では厳しいと周りから言われていたし、1人ひとりのレベルを見ると、私も厳しいという印象だった。でも、選手が練習を真面目に取り組んだ。技術はなくても、矢板中央の伝統を一番出し切ったゲーム」とチームを評価した。対人の強さ、左足のロングキックで堅守速攻を体現していた最終ラインの1人が、ロングスローの名手である木村だ。

 先制点を生み出したロングスローは、現代の高校サッカーでは各チームの“標準装備”となっている飛び道具だが、今季の矢板中央は一味違う。1回戦の三田学園戦(兵庫/3-0)で決めた2点目は、木村のロングスローのこぼれ球から生まれた。さらに2回戦の徳島市立戦(徳島/2-1)でも、FW若松優大(3年)のヘディングシュートをスローインでアシストしており、3試合連続で木村のロングスローからゴールを奪っている。

 この日の東山戦では、先制後に木村のロングスローを田邉が頭で合わせて、クロスバーを叩く惜しい場面もあった。タッチラインから遠いサイドのゴールポストまで届くという飛距離だけでなく、力強くてスピードのあるライナー性の軌道も特長。高橋監督は「私が今までに指導した選手の中では、一番飛ぶ。日本の高校年代ではトップクラスじゃないかと思う。プリンスリーグ関東でも(木村ほどのスローインは)見たことがないし、全国にもいないでしょう。そういう武器がある」と高く評価した。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集