[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

2位三ヶ島かな、外れた18番ラストパットの心境を告白「震えました。手は動けてない」

女子ゴルフの国内ツアー「大東建託・いい部屋ネットレディス」は24日、北海道・滝のCC(6560ヤード、パー72)で最終ラウンドが行われ、首位から出た菊地絵理香(フリー)が通算20アンダーで逃げ切ってツアー通算5勝目を挙げた。2日連続で菊地と同組で回った三ヶ島かな(ランテック)は菊地を最後まで追い詰めたもの、1打及ばずに2位。追いつくチャンスだったラストパットを外し「震えた」と悔しがった。

大東建託・いい部屋ネットレディス、通算19アンダーで2位の三ヶ島かな【写真:Getty Images】
大東建託・いい部屋ネットレディス、通算19アンダーで2位の三ヶ島かな【写真:Getty Images】

大東建託・いい部屋ネットレディス最終日

 女子ゴルフの国内ツアー「大東建託・いい部屋ネットレディス」は24日、北海道・滝のCC(6560ヤード、パー72)で最終ラウンドが行われ、首位から出た菊地絵理香(フリー)が通算20アンダーで逃げ切ってツアー通算5勝目を挙げた。2日連続で菊地と同組で回った三ヶ島かな(ランテック)は菊地を最後まで追い詰めたもの、1打及ばずに2位。追いつくチャンスだったラストパットを外し「震えた」と悔しがった。

【注目】“応援”が背中を押す 女子バスケ・髙田真希が感じた『チアスタ!』がつなぐ思い

 3日目を終えて首位の菊地とは2打差の2位。小祝さくら(ニトリ)とともに2日連続での同組プレーで、序盤からトーナメントリーダーにプレッシャーをかけ続けた。3番で先にバーディーを奪って1打差に迫ると、そこからは熾烈なバーディー合戦を展開。菊地がミスをした13番でついに追いつき、昨シーズン最終戦のツアーチャンピオンシップリコーカップ以来の2勝目も見えてきていた。

 1打差をつけられて迎えた最終18番パー4。安全策をとった菊地に対し、三ヶ島は第2打で攻めて5メートルのバーディーチャンスにつけた。先に打った菊地のバーディーバットは入らなかったものの、「お先に」でパーで上がって三ヶ島のバーディーパットを待つ形となった。

 入れればプレーオフに持ち込める運命のパット。だが、三ヶ島は尋常ではない精神状態だった。「震えました。(手は)正直、動けてはいないです。無理やりという感じ」の中で打ったパットはショートして、終戦を迎えた。

 この場面、菊地は「三ヶ島さんは絶対に入れてくると思って準備していた」という。その中で生まれた微妙な駆け引き。「絵理香さんは、私が気が強いと思っているので、先にタップインしたのかなと。その期待に応えられなかったのが恥ずかしいし、悔しいです」と三ヶ島は残念がった。

 最終日の感想を問われると「昨日よりは落ち着いてプレーできましたが、18番でビビっているようでは今後ダメだなと」。それでも最後は「(この4日間は)いい自信になると思います」と先を見据えた。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集