[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

決勝進出の1600mリレー日本 ジャマイカに競り勝った4走中島「負けるわけがないと(笑)」

オレゴン世界陸上が23日(日本時間24日)、米オレゴン州ユージンのヘイワード・フィールドで第9日が行われた。男子4×400メートルリレー予選1組で日本(佐藤風雅、川端魁人、ウォルシュ・ジュリアン、中島佑気ジョセフ)は3分1秒53を記録し、2003年パリ大会以来19年ぶり決勝進出の快挙を果たした。同組のジャマイカ、トリニダードトバゴを競り落とす激走となったが、選手たちは落ち着いた様子でレースを振り返った。

世界陸上、男子4×400メートルリレーで決勝進出を決めた日本【写真:ロイター】
世界陸上、男子4×400メートルリレーで決勝進出を決めた日本【写真:ロイター】

オレゴン世界陸上

 オレゴン世界陸上が23日(日本時間24日)、米オレゴン州ユージンのヘイワード・フィールドで第9日が行われた。男子4×400メートルリレー予選1組で日本(佐藤風雅、川端魁人、ウォルシュ・ジュリアン、中島佑気ジョセフ)は3分1秒53を記録し、2003年パリ大会以来19年ぶり決勝進出の快挙を果たした。同組のジャマイカ、トリニダードトバゴを競り落とす激走となったが、選手たちは落ち着いた様子でレースを振り返った。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 スタートから積極的なレースを見せた1走の佐藤は米国、ジャマイカに次ぐ3位でバトンパス。続く2走の川端は一旦4番手に下がったが、最後に1人抜く激走を見せて3位でつないだ。

 3走のウォルシュは2番手のジャマイカの背後に付く好位置をキープ。3コーナー過ぎから積極的に前を追い、熾烈な2位争いを繰り広げながら最後のパトンパスを行った。4走の中島はバトンを受けた直後に2位に上がったものの、バックストレートで2人に抜かれて一旦は4番手に。しかし、そこから踏ん張って最後の直線で2人を抜き返して2着でゴールラインに飛び込んだ。

 レース後、各選手の一問一答は以下の通り。

――今の心境は。

佐藤「1走ということでチーム全体に流れを作るというのが僕の仕事だったので、しっかり前半から攻めたレースをしました。やはり外(のレーン)が米国ということで少し差がついてしまったのですが、それでも川端選手の顔を見た瞬間に力が沸いてきて、あとは川端選手に頼むしかなかったので、信じて全力で走りました」

――自身のタイムについては。

佐藤「45秒の前半を目標にしていたのですが、少し及ばずということで。決勝では45秒前半でしっかり持ってこられるように頑張りたい」

――どんな走りだったか。

川端「1走の佐藤選手がいい位置で持ってきてくれたので、僕のところでしっかりいいポジションを取るという気持ちで前半200メートルに入りました。攻めた割には落ち着いてしっかり走れた。個人(種目)では400メートルの最後100メートルで悔しい思いをしたので、マイル(リレー)では切り替えてというイメージはあった。今回のレースではしっかり切り替えて、3着でバトンを渡すことができた。僕自身すごくうれしいです。落ち着いて走れたというのは、3、4走に頼りになるメンバーがいるというのが大きく、いいレースができたと思います」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集