[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

女子200m予選で感動シーン 残り70mの故障で号泣→1分50秒06で完走したバハマ選手に喝采【世界陸上】

オレゴン世界陸上は18日(日本時間19日)、米オレゴン州ユージンのヘイワード・フィールドで第4日が行われた。女子200メートル予選では東京五輪にも出場した28歳のアンソニーク・ストラチャン(バハマ)がレース中に右脚を故障。それでも途中棄権せずに最後までレースを続け、1分50秒06というタイムでフィニッシュし、ファンから喝采を浴びた。

女子200メートル予選、レース中に右脚を故障するも見事に完走したアンソニーク・ストラチャン【写真:ロイター】
女子200メートル予選、レース中に右脚を故障するも見事に完走したアンソニーク・ストラチャン【写真:ロイター】

オレゴン世界陸上

 オレゴン世界陸上は18日(日本時間19日)、米オレゴン州ユージンのヘイワード・フィールドで第4日が行われた。女子200メートル予選では東京五輪にも出場した28歳のアンソニーク・ストラチャン(バハマ)がレース中に右脚を故障。それでも途中棄権せずに最後までレースを続け、1分50秒06というタイムでフィニッシュし、ファンから喝采を浴びた。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 前日に行われた女子100メートル決勝の興奮も冷めやらないなかで行われた200メートル予選。100メートル金メダルの3組シェリーアン・フレイザープライス(ジャマイカ)ら有力選手が順当に準決勝進出を決める中、最終6組に悲劇が起こった。

 大外8レーンからスタートしたストラチャンはまずまずのスタートからスピードに乗ったが、4コーナーを抜けたところで右太もも裏を痛めたようで減速。残り70メートル付近ストップし、そのまま下を向きながら立ち尽くした。

 立つのもやっとな状態の中、顔を上げたストラチャンは号泣。医療スタッフが近寄り、そのまま途中棄権かと思われたが、懸命にゴールに向かって歩き出した。痛む右脚を引きずりながらゆっくりとフィニッシュ。記録は1分50秒06で、見事に完走した。

 止まった瞬間は固唾をのんで見守っていたスタンドのファンも、ストラチャンの懸命な姿を最後まで応援。フィニッシュの後も拍手が鳴り響いていた。一人のバハマ人スプリンターの想いは観る者に感動を与えた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集