[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

陽性で小池祐貴不在の男子200m 飯塚翔太&上山紘輝が準決進出の奮闘「緊張はない」【世界陸上】

オレゴン世界陸上は18日(日本時間19日)、米オレゴン州ユージンのヘイワード・フィールドで行われた。男子200メートル予選では日本の2選手が登場。上山紘輝(住友電工)は 20秒26(追い風1.0メートル)の1組2着、飯塚翔太(ミズノ)は20秒72(無風)の2組3着に入り、ともに着順で19日(同20日)の準決勝に進んだ。出場予定だった小池祐貴(住友電工)は、新型コロナウイルス陽性で当日に欠場が発表された。

男子200メートル予選に出場し、準決勝進出を決めた飯塚翔太(左)と上山紘輝【写真:ロイター】
男子200メートル予選に出場し、準決勝進出を決めた飯塚翔太(左)と上山紘輝【写真:ロイター】

オレゴン世界陸上

 オレゴン世界陸上は18日(日本時間19日)、米オレゴン州ユージンのヘイワード・フィールドで行われた。男子200メートル予選では日本の2選手が登場。上山紘輝(住友電工)は 20秒26(追い風1.0メートル)の1組2着、飯塚翔太(ミズノ)は20秒72(無風)の2組3着に入り、ともに着順で19日(同20日)の準決勝に進んだ。出場予定だった小池祐貴(住友電工)は、新型コロナウイルス陽性で当日に欠場が発表された。

【注目】“応援”が背中を押す 女子バスケ・髙田真希が感じた『チアスタ!』がつなぐ思い

 23歳の上山は初出場で自己ベストをマーク。大舞台で力を発揮してみせ「楽しく走れたので緊張はしなかったです。この流れで準決勝に持って行きたい」と笑顔を見せた。3大会連続4度目の出場となった31歳の飯塚は、7日に追加代表が発表されたばかり。「後半はきつくて失速したけど、着順で取れたのはよかった」と振り返った。

 飯塚の組では、5レーンのアーロン・ブラウン(カナダ)が号砲と同時に飛び出す際、足を滑らせて転倒。トラックに突っ伏した。スターティングブロックが原因とみられ、レースは仕切り直しに。飯塚は「こういうこともあるので、冷静に対処して走りました」と冷静。「久しぶりに海外のお客さんがいるところで走って、アメリカのアットホームな雰囲気。アクシデントがあったけど、みんなで励ますような温かい空気だった」と説明した。

 ブラウンも動揺することなく、20秒60の組2着で準決勝進出を決めた。上山は22日(同23日)の男子4×100メートルリレーのメンバーに入っている。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集