[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

女子マラソン、ケニアが通算メダル数で日本と1位タイに 松田瑞生は9位で悔し涙【世界陸上】

オレゴン世界陸上の女子マラソンが18日、米オレゴン州ユージンで行われ、ケニアが日本の歴代最多に並ぶ同種目大会通算11個目のメダルを獲得した。ジュディス・コリル(ケニア)が自己ベストの2時間18分20秒で銀メダルを獲得。日本勢唯一の出場となった松田瑞生(ダイハツ)は、日本人大会最速となる2時間23分49秒の9位だった。優勝は大会新2時間18分11秒のゴティトム・ゲブレスラセ(エチオピア)、銅メダルは2時間20分18秒のL.C.サルピーター(イスラエル)。

世界陸上、女子マラソンで9位でゴールした松田瑞生【写真:ロイター】
世界陸上、女子マラソンで9位でゴールした松田瑞生【写真:ロイター】

オレゴン世界陸上

 オレゴン世界陸上の女子マラソンが18日、米オレゴン州ユージンで行われ、ケニアが日本の歴代最多に並ぶ同種目大会通算11個目のメダルを獲得した。ジュディス・コリル(ケニア)が自己ベストの2時間18分20秒で銀メダルを獲得。日本勢唯一の出場となった松田瑞生(ダイハツ)は、日本人大会最速となる2時間23分49秒の9位だった。優勝は大会新2時間18分11秒のゴティトム・ゲブレスラセ(エチオピア)、銅メダルは2時間20分18秒のL.C.サルピーター(イスラエル)。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 今大会のケニアは、東京五輪金メダルのペレス・ジェプチルチルが怪我で欠場。前回2019年ドーハ大会女王のルース・チェプンゲティッチは18キロ地点を先頭集団で通過したが、直後に途中棄権した。世界陸上(WA)は「腹部の問題」と発表。アンジェラ・タヌイが2時間22分15秒の6位で入賞した。

 一方、日本は一山麻緒(資生堂)と新谷仁美(積水化学)が新型コロナウイルスの陽性反応を示し、本番直前に欠場した。唯一の日本代表だった松田は、熱のこもった走りで序盤の出遅れを取り戻すなど奮闘。40キロ地点で入賞ラインの8位に2秒差まで詰め寄ったが、最終的には15秒差の9位で悔し涙を流した。

 大会資料によると、これで世界陸上における女子マラソンの歴代メダル獲得数は、ケニアと日本が11個でトップタイ。日本は1993年浅利純子らの金が2個、2003年野口みずきらの銀が5個、13年福士加代子の銅が4個だった。今大会、福士以来9年ぶりのメダルはならず。現在、マラソン大国として世界を席巻するケニアは金5、銀5、銅1。3番手はルーマニアの通算5個(金1、銀1、銅3)だ。

 入賞数では日本が24回でトップ、ケニアが22回で2位に迫った。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集