[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

【世界陸上】水濠に頭から落下した女子選手の決定的瞬間 3000m障害ならではのハプニング

オレゴン世界陸上が16日(日本時間17日)、米オレゴン州ユージンのヘイワード・フィールドで第2日が行われた。計35回の障害を飛び越える女子3000メートル障害では、この種目ならではの水濠でアクシデントが発生。その決定的瞬間が捉えられた。

女子3000メートル障害でレア・マイヤーが水濠に落下するアクシデントが発生【写真:ロイター】
女子3000メートル障害でレア・マイヤーが水濠に落下するアクシデントが発生【写真:ロイター】

オレゴン世界陸上

 オレゴン世界陸上が16日(日本時間17日)、米オレゴン州ユージンのヘイワード・フィールドで第2日が行われた。計35回の障害を飛び越える女子3000メートル障害では、この種目ならではの水濠でアクシデントが発生。その決定的瞬間が捉えられた。

【注目】“応援”が背中を押す 女子バスケ・髙田真希が感じた『チアスタ!』がつなぐ思い

 1周400メートルのトラックを7周走り抜ける3000メートル障害。各周5個、計35個の障害を飛び越えるが、面白さのひとつが障害として設置されている水濠だ。76.2センチ(女子の場合)のハードルの奥に、最深部0.7メートル、長さ3.66メートルの池のような水が張られており、障害に近いほど深い設計になっている。当然、深い部分に着水すれば抵抗が大きく減速の原因になる。計7回こなす水濠をどう飛び越えるかはポイントの一つだ。

 この日の女子3000メートル障害予選1組ではレア・マイヤー(ドイツ)がハードルを飛び越える際にバランスを崩し、上半身から水濠の最深部に落下。すぐに起き上がって走り出したが、このアクシデントも響いて8位に終わり、敗退となった。ドイツ公共放送「ARD」によると、本人は「ハードルに対して十分なアグレッシブで向かっていけなかった。とても愚かなことだし腹立たしい」と落胆したという。

 それでも、日本でも男子の三浦龍司(順大)が東京五輪で日本人初の7位入賞を果たし、注目度が増している種目。他のトラック種目とはひと味異なる魅力を楽しんだファンも多く、ネット上では「初めて見たけど面白い」との声も上がっていた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集