[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

走りも髪色も「衝撃」 100m女王フレイザープライス予選10秒87 東京五輪は黄、今大会は紫【世界陸上】

オレゴン世界陸上が16日(日本時間17日)、米オレゴン州ユージンのヘイワード・フィールドで第2日が行われた。女子100メートル予選では前回女王シェリーアン・フレイザープライス(ジャマイカ)が中盤から流しながら全体2位10秒87(向かい風0.2メートル)の好タイムで準決勝進出。恒例なド派手なヘアスタイルも披露し、走りでも髪色でも度肝を抜いた。

ジャマイカのシェリーアン・フレイザープライス【写真:ロイター】
ジャマイカのシェリーアン・フレイザープライス【写真:ロイター】

オレゴン世界陸上

 オレゴン世界陸上が16日(日本時間17日)、米オレゴン州ユージンのヘイワード・フィールドで第2日が行われた。女子100メートル予選では前回女王シェリーアン・フレイザープライス(ジャマイカ)が中盤から流しながら全体2位10秒87(向かい風0.2メートル)の好タイムで準決勝進出。恒例なド派手なヘアスタイルも披露し、走りでも髪色でも度肝を抜いた。

【注目】“応援”が背中を押す 女子バスケ・髙田真希が感じた『チアスタ!』がつなぐ思い

 ピンクのロングヘアを振り乱し、前回女王が予選から度肝を抜いた。フレイザープライスはスタートこそ慎重に出たが、段違いの加速で先頭に立つと50メートル付近から早くも流し始める。悠々と100メートルを駆け抜けると、表示されたタイムは10秒87。全体2位の好タイムで順当に駒を進めた。

 フレイザープライスは100メートルで北京、ロンドンと五輪連覇した女王。世界陸上は前回2019年ドーハも含めて4度制し、1児の母でもある。走りとともに注目されるのが、ド派手なウィッグ。100メートル銀、400メートルリレー金メダルを獲得した昨年の東京五輪では、種目ごとに黄色をベースとした複数のスタイルを披露し、日本人ファンの視線も釘付けにしていた。

 この日もネット上のファンには「今日も可愛くて速い」「めちゃくちゃかっこいい」「髪色がスゲェ…」「また凄い髪色してる」「半分くらいから余裕の流し…」「髪の毛よりも35歳であの走りがまだできることが衝撃」「35歳とは思えない」と走りにも髪色にも衝撃が走っていた。

(THE ANSWER編集部)

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集