[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平に打たれ、投げ負けた敵ピッチャーも称賛「対戦は特別なこと。幸運だった」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は6日(日本時間7日)、敵地マーリンズ戦に「3番・投手兼DH」で先発出場。投手としては7回2安打1失点(自責点0)、10奪三振と好投し、打っては5回の第3打席で勝ち越しの2点タイムリーを放った。試合は5-2でエンゼルスが勝利し、大谷は今季8勝目。投げ合い、決勝打を浴びたマーリンズ先発投手は「対戦出来て幸運だった」と殊勝に対戦を振り返っている。

マーリンズ戦に「3番・投手兼DH」で先発出場したエンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】
マーリンズ戦に「3番・投手兼DH」で先発出場したエンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】

マーリンズ戦で8勝目&決勝打をマーク

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は6日(日本時間7日)、敵地マーリンズ戦に「3番・投手兼DH」で先発出場。投手としては7回2安打1失点(自責点0)、10奪三振と好投し、打っては5回の第3打席で勝ち越しの2点タイムリーを放った。試合は5-2でエンゼルスが勝利し、大谷は今季8勝目。投げ合い、決勝打を浴びたマーリンズ先発投手は「対戦出来て幸運だった」と殊勝に対戦を振り返っている。

【注目】“応援”が背中を押す 女子バスケ・髙田真希が感じた『チアスタ!』がつなぐ思い

 投打の躍動でまたしても連敗を止めた。大谷は投げては3戦連続の2ケタ奪三振をマーク。160キロを超える剛速球に加え、カーブ、スライダー、スプリットなど変化球も冴えわたった。さらに1-1の同点で迎えた5回2死満塁の第3打席では、外角高めの97マイル(約156.1キロ)を逆らわずにはじき返し、左前2点タイムリーとした。

 大谷と投げ合い、決勝打を浴びた相手先発のトレバー・ロジャース投手のコメントを、米フロリダ州マイアミ地元局「バリー・スポーツ・フロリダ」公式ツイッターは動画で伝えている。

 大谷との対戦について問われたロジャースは「彼のような選手と対戦できるのは特別なこと。最高の選手になるためには、彼を打ち負かさなければいけないんだと、自分自身に言い聞かせていた」と、試合に臨む際の心境を明かしていた。

「相手にはトラウトとオオタニという現在の野球界で最高とも言える選手たちがいる。彼らを抑えていい方向に進めていたら、自分にとってより意味深いものだったはず」としながら、大谷に浴びた2点タイムリーについては「オオタニは素晴らしいスイングをした。グラウンドボールを打たせたけど穴をつかれた。でも彼らと対戦出来て幸運だった」と振り返っていた。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集