[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

“コスメ番長”改め“クール番長”吉田優利 3勝目絶好機も「優勝までの過程を大事に」

国内女子ゴルフツアーの資生堂レディス第3日が2日、神奈川・戸塚CC(6570ヤード、パー72)で行われた。首位から出た吉田優利(エプソン)は、4バーディー、2ボギーの70で通算10アンダーとし、首位に1打差2位で最終日を迎える。決してショットの調子は万全ではないが、パットは好調。外してもネガティブにならない思考で、淡々とツアー3勝目を狙う。首位には、通算11アンダーの青木瀬令奈(フリー)が立っている。

ラウンド中に笑顔も見せた吉田優利【写真:Getty Images】
ラウンド中に笑顔も見せた吉田優利【写真:Getty Images】

資生堂レディス第3日

 国内女子ゴルフツアーの資生堂レディス第3日が2日、神奈川・戸塚CC(6570ヤード、パー72)で行われた。首位から出た吉田優利(エプソン)は、4バーディー、2ボギーの70で通算10アンダーとし、首位に1打差2位で最終日を迎える。決してショットの調子は万全ではないが、パットは好調。外してもネガティブにならない思考で、淡々とツアー3勝目を狙う。首位には、通算11アンダーの青木瀬令奈(フリー)が立っている。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 最終18番パー4。吉田はピン奥7メートルのバーディーパットを入れ、ニコリと微笑んだ。同じ最終組の小野祐夢、大出瑞月がスコアを崩す中、淡々とプレーを続けて70でフィニッシュ。会見でも冷静にラウンドを振り返った。

「普通に予選ラウンドと同じような感じで回れました。(通算で)2桁アンダーで終われたってことは、最低限いいプレーできている証拠だと思いますし、最後のバーディーは明日につながるといいなと思っています」

 決して調子は良くなかった。4番パー4では、第1打を左に大きく曲げてボギーを先行した。だが、続く5番パー3で第1打をピン左50センチにつけてバーディー。ミスを引きずらず切り替える強さと、プラス思考をスコアメークにつなげた。

「今日もいいパットを続けられていたんじゃないかなと思います。2メートルぐらいのバーディーパットも外していますけど、自分の思ったところに打って外しているので、見た目に惑わされて外すよりも、そっちの方がいい。ネガティブにとらえられずにいたことが最後のバーディーにつながったんじゃないかと思っています」

 22歳にしてこの落ち着き。最終日に向けても、「いいところにいるからいいプレーをしなきゃとか、そういうのもないです」と前置きし、「優勝はしたいですけど、そこまでの過程というか、そういう部分も大事にしたいなって思っているので、結果の前に目の前の一打に集中できるようなプレーをしたいなと思います」と言った。美意識が高く「コスメ番長」とも呼ばれるが、頭の中はクール。続く炎天下で吉田は涼しく、賢くプレーしそうだ。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集