[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

田中希実、廣中璃梨佳ら世界陸上へ会見 「東京五輪を超える」「自信を持って臨む」

7月のオレゴン世界陸上の代表に即時内定した一部選手たちが13日、大阪市内で会見した。12日まで行われたトラック&フィールド種目の日本選手権で、参加標準記録を突破した上で3位以内に入った選手が即時内定。大会から一夜明け、世界陸上に向けて抱負を述べた。

世界陸上内定選手が会見に出席【写真:浜田洋平】
世界陸上内定選手が会見に出席【写真:浜田洋平】

世界陸上の代表内定者が会見

 7月のオレゴン世界陸上の代表に即時内定した一部選手たちが13日、大阪市内で会見した。12日まで行われたトラック&フィールド種目の日本選手権で、参加標準記録を突破した上で3位以内に入った選手が即時内定。大会から一夜明け、世界陸上に向けて抱負を述べた。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 すでに内定していた選手に加え、今大会で男子8人、女子2人が内定した。各選手の主なコメントは以下の通り。

【選手名(種目・日本選手権成績・世界陸上出場回数)】
泉谷駿介(男子110メートル障害・優勝・2大会連続2度目※19年ドーハは当日欠場)
「ホッとした気持ちで少しワクワクしています。東京五輪で果たせなかった決勝進出に向けていいレースをしたい。東京五輪からまずは基礎から見直そうとやってきた。トレーナーさんと可動域を見直して、あとは変わらずウェートトレーニングなどを重点的にやってきました」

村竹ラシッド(男子110メートル障害・2位・初出場)
「今年の最大の目標が世界陸上出場だったのでホッとしている。初めてなのでチャレンジャーで挑める。その精神を忘れずにやりたい。決勝を目指して予選、決勝を頑張りたい。今回初出場で、今までテレビだったり、YouTubeだったり実際に一緒に走れる機会を得られて光栄。肌で体感できるいい機会だと思うので、これから世界で活躍できる糧にしたい」

黒川和樹(男子400メートル障害・優勝・初出場)
「今シーズンに入って自己ベストを更新できていないので、世界陸上で日本記録レベルを出して決勝に進みたい。(世界は)格が違いますが、しっかり追いつけるようにしたい。自分は東京五輪で決勝進出が目標だったけど、予選で敗退。体が動かない状態だった。しっかりちゃんとオレゴン世界陸上では、ちゃんとアップから自分らしさを出せるようにしっかり動いて、準決勝でしっかりタイムを出して決勝に残るのが目標です」

三浦龍司(男子3000メートル障害・優勝・初出場)
「日本選手権で優勝して内定できたけど、この1年は世界陸上を戦うことを目標にしていた。やっとスタートラインに立てる。課題はあるので世界に向けて課題を克服しないといけない。短い期間ですが、しっかりと仕上げて万全の状態で戦えれば。レース翌日は下半身を中心にダルさがあったけど、一日で疲労感がとれた。リセットして臨みたい」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集