[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平の5号を阻んだ敵地は「悪名高い奇妙な構造」と米指摘「119mの打球が単打に…」

米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手が5日(日本時間6日)、敵地レッドソックス戦に「3番・投手兼DH」で先発出場。投げては7回無失点11奪三振の快投で今季3勝目、打っては4打数2安打1打点と投打で躍動した。4回の打席では中堅フェンス直撃の当たりを放ったが、まさかの単打に。米メディアは「フェンウェイパークは悪名高い奇妙な構造」とこの球場ならではの珍事に脚光を浴びせた。

「3番・投手兼DH」で先発出場したエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
「3番・投手兼DH」で先発出場したエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

レッドソックス戦で4打数2安打1打点、4回に放った“特大ヒット”が話題に

 米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手が5日(日本時間6日)、敵地レッドソックス戦に「3番・投手兼DH」で先発出場。投げては7回無失点11奪三振の快投で今季3勝目、打っては4打数2安打1打点と投打で躍動した。4回の打席では中堅フェンス直撃の当たりを放ったが、まさかの単打に。米メディアは「フェンウェイパークは悪名高い奇妙な構造」とこの球場ならではの珍事に脚光を浴びせた。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 驚きの場面は4回1死一塁に起きた。左腕リッチ・ヒルの初球、高めに投じられたスライダーを捉えた。高く上がった打球はセンターへぐんぐん伸びる。あと数十センチで本塁打の当たりはフェンスに弾かれ、走者ウォードは三塁へ進んだ。大谷は一塁でストップ。まさかの単打となった。

 米紙「USAトゥデー」のスポーツ専門メディア「フォー・ザ・ウィン」は「フェンウェイの外野の奇妙な結果、ショウヘイ・オオタニが約400フィートの単打を放つ」との見出しで記事を掲載。記事では、「フェンウェイパークは悪名高い奇妙な構造で、右中間に飛び出たフェンスがある」「11球場では本塁打となっているはずの389フィート(約119メートル)の当たりが単打となった」とレッドソックス本拠地ならではの珍事だったと紹介した。

 また、本塁打にはならずとも二塁打にならなかった理由については「ウォードは深い当たりを見て一塁へ戻った。だからオオタニはウォードが走り出すのを待たなければいけなかったのだ」と走者ウォードが慎重な走塁姿勢だったと指摘。さらに、中堅手ジャッキー・ブラッドリーJr.の目に日差しが入り、捕球が難しくなったことも紹介していた。

 偶然が重なり生まれたまさかの単打。5号本塁打は幻となったものの、大谷は8回の打席でもフェンウェイパーク名物グリーンモンスター直撃のタイムリーを放ち躍動。8-0の勝利に大きく貢献した。

(THE ANSWER編集部)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集