[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

鈴木誠也、死球寸前なのに思わず手を出した高速カッターに米驚愕「人類に反する球だ」

米大リーグ・カブスの鈴木誠也外野手が28日(日本時間29日)、敵地ブレーブス戦に「2番・右翼」でスタメン出場。4打数無安打だった。8回には“死球寸前”まで鋭く曲がった変化球に空振り三振。米ファンからは「人類に反する球」「エゲツない」などの驚愕の声が寄せられている。

28日(日本時間29日)のブレーブス戦で打席に立つカブスの鈴木誠也【写真:ロイター】
28日(日本時間29日)のブレーブス戦で打席に立つカブスの鈴木誠也【写真:ロイター】

ブレーブス左腕ミンターのカットボールに注目集まる

 米大リーグ・カブスの鈴木誠也外野手が28日(日本時間29日)、敵地ブレーブス戦に「2番・右翼」でスタメン出場。4打数無安打だった。8回には“死球寸前”まで鋭く曲がった変化球に空振り三振。米ファンからは「人類に反する球」「エゲツない」などの驚愕の声が寄せられている。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 1-2と1点を追いかける8回2死走者なし。鈴木の第4打席が回ってきた。1-2からの4球目、昨季23ホールドを挙げた中継ぎ左腕のA.J.ミンターは内角低めにカットボールを投げ込んだ。ストライクゾーンから急激に食い込み、鈴木のバットは空を切ったが、スイングした右足首に当たりそうだった。選球眼に定評のある背番号27でも思わず手が出るほど、凄まじい変化量だった。

 160キロ近い直球と150キロ近いカットボールで圧倒するA.J.ミンター。「ピッチングニンジャ」の愛称で知られる米投球分析家ロブ・フリードマン氏が脚光を浴びせた。自身のツイッターに「足首を襲う91マイル(約146.4キロ)のバックフットカットボール」と記して、実際の映像を公開。米ファンからは「エゲツない」「ミンターは恐ろしい」「これと速球が織り交ぜられるとか無理でしょ」「人類に反する球だ」などと反響が寄せられた。

 この打席を含む2三振で4打数無安打に終わった鈴木。バットで貢献することができず、チームも1-5で敗れた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集