[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

MLBで計測された「166kmのスライダー」が米話題 ファンは半信半疑「狂気」「冗談だろ」

米大リーグで“超速変化球”が話題になっている。28日(日本時間29日)、オリオールズは敵地でヤンキースと対戦。6回に登板したマイケル・バウマン(オリオールズ)が投じた1球の球速表示は「103マイル(約166キロ)」。MLB公式サイトはこれをスライダーと表示した。米投球分析家が脚光を浴びせると、現地ファンからは「103マイルのスライダーは狂気」「ゲリット・コールのバージョン2」などと衝撃の声が寄せられている。

オリオールズのマイケル・バウマン【写真:Getty Images】
オリオールズのマイケル・バウマン【写真:Getty Images】

オリオールズの2年目右腕バウマンの一球が話題に

 米大リーグで“超速変化球”が話題になっている。28日(日本時間29日)、オリオールズは敵地でヤンキースと対戦。6回に登板したマイケル・バウマン(オリオールズ)が投じた1球の球速表示は「103マイル(約166キロ)」。MLB公式サイトはこれをスライダーと表示した。米投球分析家が脚光を浴びせると、現地ファンからは「103マイルのスライダーは狂気」「ゲリット・コールのバージョン2」などと衝撃の声が寄せられている。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 2-4で2点ビハインドの6回、マウンドに上がったバウマン。無死一塁でティム・ロキャストを迎えた。初球、外角低めいっぱいに剛速球を投げ込むと中継画面の球速表示は103マイル(約166キロ)。そして、驚くべきは球種だ。MLB公式サイトでは、なんと「スライダー」と表示。確かに、ストレートからやや沈むような軌道で変化しているようにも見えるが……。

「ピッチングニンジャ」の愛称で知られる米投球分析家ロブ・フリードマン氏が注目。自身のツイッターに「マイケル・バウマンによる103マイルのスライダー。回転数は802。誰かがスタットキャストを壊した」と文面に記して、実際の映像を公開した。これに米ファンも反応。「冗談だろ」「103マイルのスライダーは狂気」「クレイジー」「103マイルってどういうこと?」「これはスライダー?」「ゲリット・コールのバージョン2」「存在するのか」など半信半疑の様子だ。

 バウマンは昨季メジャーデビューした26歳。この日は制球が定まらず、1回2/3を投げ、被安打3、与四球2で2失点だった。試合はヤンキースが10-5で勝利した。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集