[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

鈴木誠也が驚いた一塁手の超美技 地元メディアも「スズキの顔を見たか?」と表情に注目

米大リーグ・カブスの鈴木誠也外野手が28日(日本時間29日)、敵地ブレーブス戦に「2番・右翼」でスタメン出場。4打数無安打だった。6回に味方一塁手が鈴木の目の前でファインプレー。日本人ルーキーが見せた仰天の表情に米地元メディアは「スズキの顔を見たか?」などと注目している。

28日(日本時間29日)のブレーブス戦に出場したカブスの鈴木誠也【写真:ロイター】
28日(日本時間29日)のブレーブス戦に出場したカブスの鈴木誠也【写真:ロイター】

カブス一塁手リバスの超絶キャッチで思わぬ注目

 米大リーグ・カブスの鈴木誠也外野手が28日(日本時間29日)、敵地ブレーブス戦に「2番・右翼」でスタメン出場。4打数無安打だった。6回に味方一塁手が鈴木の目の前でファインプレー。日本人ルーキーが見せた仰天の表情に米地元メディアは「スズキの顔を見たか?」などと注目している。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 1-2でビハインド、6回無死走者なしの場面。マルセル・オズナ(ブレーブス)が右翼を守る鈴木の前へ浅いフライを打ち上げた。背番号27も懸命に前進したが、一塁手のアルフォンソ・リバスもホーム方向に背を向け、凄まじいスピードで猛ダッシュ。最後は華麗なダイビングキャッチを見せた。

 目の前で起きたビッグプレー。直後から米国のファンの間で「100%落ちると思った」「アメージングキャッチ」と話題を呼んでいたが、鈴木が見せたびっくり仰天の表情にカブス専門メディア「ブリーチャー・ネーション」が注目した。

 リバスの好プレーながら「スズキの顔を見たか? 少し分かりにくいが、それが全てを物語っていた。『やば! なんだこのキャッチは!』と言っているようだ」とファンの視線を奪った表情をレポートした。

 最後はリバスと笑顔でハイタッチを交わした鈴木。カブスはこの回の3失点も響いて1-5で敗れたものの、こうした自然な表情をひとつとってもメジャーリーグを存分に楽しみ、しっかりと環境に適応しているようだ。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集