[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

米6勝目畑岡奈紗「自分を信じてよかった」 5打差圧勝で流暢な英語対応「集中した」

米女子プロゴルフ(LPGA)ツアーのDIOインプラントLAオープン最終日が24日(日本時間25日)、米カリフォルニア州ロサンゼルスのウィルシャーCC(6447ヤード、パー71)で行われ、2位と4打差の首位で出た世界ランク12位・畑岡奈紗(アビームコンサルティング)が同ツアー通算6勝目を挙げた。1イーグル、4バーディー、2ボギーの67で回り、通算15アンダーで日米通算11勝目。2位のハナ・グリーン(オーストラリア)に5打差の圧勝に「自分を信じてよかった」と喜んだ。

DIOインプラントLAオープンで優勝しトロフィーを掲げる畑岡奈紗【写真:Getty Images】
DIOインプラントLAオープンで優勝しトロフィーを掲げる畑岡奈紗【写真:Getty Images】

畑岡奈紗が米ツアー6勝目

 米女子プロゴルフ(LPGA)ツアーのDIOインプラントLAオープン最終日が24日(日本時間25日)、米カリフォルニア州ロサンゼルスのウィルシャーCC(6447ヤード、パー71)で行われ、2位と4打差の首位で出た世界ランク12位・畑岡奈紗(アビームコンサルティング)が同ツアー通算6勝目を挙げた。1イーグル、4バーディー、2ボギーの67で回り、通算15アンダーで日米通算11勝目。2位のハナ・グリーン(オーストラリア)に5打差の圧勝に「自分を信じてよかった」と喜んだ。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 スコアを伸ばすたびにガッツポーズをつくり、強さを見せつけた。畑岡は1番でバーディー発進。4、5番も連続でスコアを伸ばした。6番はボギーを叩いたが、7番のバーディーでバウンスバック。2位と5打差で後半に入ると、15番パー5でロングパットをねじ込み、イーグルを奪ってみせた。最終18番はボギーだったが、余裕をもって栄冠を勝ち取った。

 昨年9月以来の米6勝目。日本人では岡本綾子の17勝、宮里藍の9勝に次ぐ3番目だ。ラウンド後、現地のインタビューでは流ちょうな英語で「自分のゲームにフォーカスして、いいプレーができたと思います。今週はパットが本当によかった。それが要因だったと思う」とコメント。インタビュアーに日本語で「オメデトウ」と祝福を受け、笑顔を見せた。

 日本のインタビューではこう振り返った。

「今日は朝凄く緊張していたけど、1つバーディーが来てからは自分のゴルフに集中した。最後はボギーになってしまったけど、差をつけて18番に来られたのはよかった。自分の目標は15アンダーでした。それが達成できてよかった。先週の予選落ちから1週間からこんなに変わるんだと思うし、自分を信じてよかった。このタイミングで優勝できたのは大きい」

 同じ黄金世代の渋野日向子のほか、笹生優花、古江彩佳らと本場で奮闘する23歳。悲願の海外メジャーVへ弾みをつける1勝となった。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集