[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

本人は「そんな似とるかな?」 渋野日向子そっくり木下彩、かつて「姉妹みたい」と話題に

国内女子ゴルフのフジサンケイレディス(静岡・川奈ホテルGC富士、6447ヤード、パー71)第2日は23日、24位から出た「黄金世代」の23歳・木下彩(長府製作所)が8バーディー、ノーボギーで大会コースレコードタイの「63」で回り、通算9アンダー。1打差2位に浮上した。会見で話題になったのは、同世代の渋野日向子(サントリー)とそっくりと言われること。いったい、本人の胸中は――。

フジサンケイレディス、通算9アンダーで1打差2位に浮上した木下彩【写真:Getty Images】
フジサンケイレディス、通算9アンダーで1打差2位に浮上した木下彩【写真:Getty Images】

女子ゴルフ・フジサンケイレディス第2日

 国内女子ゴルフのフジサンケイレディス(静岡・川奈ホテルGC富士、6447ヤード、パー71)第2日は23日、24位から出た「黄金世代」の23歳・木下彩(長府製作所)が8バーディー、ノーボギーで大会コースレコードタイの「63」で回り、通算9アンダー。1打差2位に浮上した。会見で話題になったのは、同世代の渋野日向子(サントリー)とそっくりと言われること。いったい、本人の胸中は――。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 木下の会見で質問が飛んだのは、渋野とそっくりと言われることだった。

「めっちゃ言われます!」

 渋野が仲の良い選手を問われ、木下を最初に挙げていたと質問されると「私を出してくれたんですか?」と恐縮。しかし、木下は山口、渋野は岡山の出身で中学時代から顔見知り。「初めまして(の時)からずっと喋ってました」といい、かつてステップ・アップ・ツアーに2人で出場した際は一緒に食事をする仲だった。

 呼び名は渋野が「あやたん」、木下が「渋野」。そっくりと言われることについて、本人は「そんな似とるかな? (渋野が契約している)PINGの帽子を被ったらヤバイかな(笑)」と笑ったが、顔はもちろん、ところどころ出るその中国地方のイントネーションも似ている。

 実は、2人のそっくりぶりは過去にネット上で話題になったこともあった。2019年のJLPGA年間表彰式にそろって出席し、木下が渋野との2ショットをインスタグラムに掲載。「同じ顔が2つ」「姉妹みたい」などの声が上がっていた。

 木下は「もう今は上の人なので」と言うが、渋野の話をする際は緊張気味だった会見で一番楽しそうだった。

 この日は大会コースレコードタイの「63」で黄金世代11人目のVも射程圏。もし優勝すれば、その顔も中国訛りのコメントも一気に全国区になるかもしれない。

(THE ANSWER編集部)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集