[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

鈴木誠也、完全ボール球を打った“頭脳的タイムリー”に米反響「状況に応じた打撃だ」

米大リーグのカブス・鈴木誠也外野手は23日(日本時間24日)、本拠地でのパイレーツ戦に「2番・右翼」で先発。メジャー初の1試合3安打を記録した。2回の第2打席では完全なボール球を右前打。選球眼に定評のある鈴木が冷静な状況判断で演じた“悪球打ち”に米ファンからは「そんな球も打てるの?」「100%狙っていたな」などの反響が寄せられている。

メジャー初の1試合3安打を記録したカブスの鈴木誠也【写真:ロイター】
メジャー初の1試合3安打を記録したカブスの鈴木誠也【写真:ロイター】

パイレーツ戦でメジャー初の1試合3安打を記録

 米大リーグのカブス・鈴木誠也外野手は23日(日本時間24日)、本拠地でのパイレーツ戦に「2番・右翼」で先発。メジャー初の1試合3安打を記録した。2回の第2打席では完全なボール球を右前打。選球眼に定評のある鈴木が冷静な状況判断で演じた“悪球打ち”に米ファンからは「そんな球も打てるの?」「100%狙っていたな」などの反響が寄せられている。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 初回に左安打を記録した鈴木。第2打席は2回1死一、三塁の好機で回ってきた。カウント0-2からの3球目、外角への明らかなボール球に手を出すと、打球は逆方向へ。広く空いていた一二塁間を抜き、右前適時打に。2ストライクと追い込まれ、転がして確実に三塁走者を返そうという状況判断がタイムリーを呼んだ。

 選球眼に定評のあった、日本人ルーキーの見事な“悪球打ち”。実際の映像をカブス公式ツイッターが公開した。文面に「セイヤ・スズキは野球が得意であると言っても、言いすぎることはない」と添えると、米ファンからは「状況に応じた打撃だ」「そんな球も打てるの?」「100%狙っていたな」「彼はMVPの候補ってことでいい?」「マジで最高だぜ」などの反響が寄せられている。

 5回の第4打席には右中間フェンス直撃の二塁打。4打数3安打1打点1盗塁と躍動し、メジャー初の1試合3安打を記録した。カブスは21-0と歴史的大勝を収めた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集