[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

高橋彩華が大会記録タイ「63」ロケット発進 悲願の初優勝へ「あとは自分との闘い」

国内女子ゴルフのフジサンケイレディス(静岡・川奈ホテルGC富士、6447ヤード、パー71)第1日は22日、高橋彩華(東芝)が8バーディー、ノーボギーで大会コースレコードタイの「63」で回り、通算8アンダーでロケットスタートを決めた。

フジサンケイレディス、大会コースレコードタイの「63」で回り、通算8アンダーで首位発進を決めた高橋彩華【写真:Getty Images】
フジサンケイレディス、大会コースレコードタイの「63」で回り、通算8アンダーで首位発進を決めた高橋彩華【写真:Getty Images】

女子ゴルフ・フジサンケイレディス第1日

 国内女子ゴルフのフジサンケイレディス(静岡・川奈ホテルGC富士、6447ヤード、パー71)第1日は22日、高橋彩華(東芝)が8バーディー、ノーボギーで大会コースレコードタイの「63」で回り、通算8アンダーでロケットスタートを決めた。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 悩める高橋に会心の笑みがこぼれた。

「流れもずっと良くて、ついたチャンスもほとんど決められました」

 2番パー4を口火にバーティーラッシュを展開。前後半で4つずつバーディーを奪った。唯一、17番パー3で第1打をオーバーするピンチがあったが、“ボギーOK”で打った4メートルのパーパットが入り、ノーボギーでラウンドした。

 今シーズンはトップ10に3度入っているが、ショットの安定性が課題だった。

「開幕戦から意図してなかった方向に飛んで。眼中になかった20ヤード手前のバンカーに入ったり。結構大変なことになっていた。先週までは本当に同じような感じ。自信をもってピンに向けなくて、ずっとロングパットを打っていました」

 好転したきっかけは前日に使用を決断したミズノのアイアン。「距離感がずっと合わなくて、どうせ調子が悪いなら」と思い切ったが、これが奏功した。特に11番のパー3は「今年で一番気持ち良く構えられた。久しぶりの感覚で打てた」と復調を実感した。

 昨シーズンはトップ3が6度。優勝目前と言われながら、初優勝が近くて遠かった。

 先週は植竹希望が悲願の初優勝。「普段から話す仲なので、凄くうれしい。私は優勝争いできるほど、ショットが良くなったので、早く復調して後に続きたいと思っていた」と刺激になっていた。

 2位以下に4打差をつける暫定首位でホールアウト。残り2日でチャンスは十分ある。

「パットは今日は運が良いところもあった。高麗グリーンは潔く自分が良いと思ったところに打つだけ。それを2日間徹底したい。(優勝争いは)あとは自分自身との闘い。うまく自分をコントロールできたら見えてくるのかな」

 きっかけを掴み、一気に頂点を目指す。

(THE ANSWER編集部)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集